相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6444)サンデンホールディングス

 四季報によると、柱の自動車用機器は新規案件が貢献し数量増だが円高で収益足踏み。だが前期低調だった流通用機器はコンビニ改装需要上向く。営業増益。ただ自販機不振続き75億円計画やや楽観。有証売却特益剥落。メキシコ工場統合に続き、グローバルで拠点再編や車載と流通での拠点相互活用推進。ポーランド工場は15年末ライン増設し能力倍増、18年に向け生産拡大。
 5月10決算発表。2017年3月期予想は、前期比、営業利益+36.5%、経常利益+46.6%大幅増収・増益見通し。
 2012年8月7日の199円を底値に、11月中旬からアベノミクス相場にサポートされて、上昇トレンド(A)を形成。この中で2014年9月22日の720円、11月26日の723円とダブル天井に近い形となって下落し、上昇トレンド(A)を切って2015年4月1日の526円の安値をつけました。ここからいったん反発するものの、上昇トレンド(A)ラインが上値抵抗ラインとなって6月9日の648円が戻り高値となり、角度の大きい中期の下降トレンド(B)へ転換しました。この中で今年の2月12日に250円で底打ちとなり、3月14日の374円まで一段上げ、4月8日の273円まで下げて、ここから5月12日の393円までが2段上げとなっており、ここからの反落で6月9日の353円で短期の売転換となって下値をさぐる展開となっています。300円を終値で切らなければ3段上げに向かう形となります。
 
(6444)サンデンホールディングス
 

(9037)ハマキョウレックス

 四季報によると、物流センターは新規受託15社計画(前期実績14社)。前期受託分もフル寄与。貨物運送は運賃値上げ効果限定的だが、新規荷主獲得、物量回復に加え燃油コスト減。連続最高益。配当性向は15%に引き上げ。石油化学向け輸送専門会社を昨秋買収。アパレル依存度(約4割)引き下げ、取り扱い分野の多様化図る。他社との共同輸送も。設備投資は一服、年30億円程度。
 5月9日決算発表。2017年3月期予想は、前期比、営業利益+8.5%、経常利益+8.1%の増収・増益予想。
 中長期上昇トレンド(A)の中で、2015年6月24日に2650円(分割前)のピークとなり、上昇トレンド(A)を下に切って8月25日の1862円(分割前3725円)まで下落。ここから反発となって10月30日の2530円まで戻るものの、2番天井となって短期の下降トレンド(B)となりました。この中で今年の①1月21日の1793円、②2月12日の1668円、③4月8日の1681円と三点底(逆三尊天井)となって、4月22日の2007円で買転換となり、下降トレンド(B)を上にぬけて、さらに2月2日の2136円の戻り高値もぬけて、5月11日に2245円まで上昇しました。ここからいったん調整入りとなっています。
 
(9037)ハマキョウレックス
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!