相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6973)協栄産業

 四季報によると、半導体は車載向け堅調だが産機向け低調。スマホ向け電子デバイスやシステム開発で補えず営業益反落。17年3月期も半導体は車載や白モノ家電向け堅調だが産機向け鈍い。ITが企業向けソリューションや受託開発は堅調でも、営業益底ばい。 FA機器はソフトを組み込み、トータルでの供給を強化。太陽光発電の遠隔管理関連技術は他分野への応用を志向。

 5月12日決算発表。2017年3月予想は、黒字転換し増収・増益。

 2012年6月4日の125円、11月24日の127円と2点底をつけて、アベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成、この中で2013年5月23日の242円を高値に2014年2月4日の162円まで押し目を入れた後、急騰となり7月24日の357円でピークとなりました。ここから急角度の下降トレンド(B)となって、今年の2月12日の116円の全値押して底打ちとなり、底値圏でもみあって5月31日に137円で買転換となって下降トレンド(B)を上にぬけてきました。
 
(6973)協栄産業
 

(6727)ワコム

 四季報によると、OEMが主要顧客向け数量減。が、好採算の自社製品が想定以上に好調。前号比で減益幅縮小。17年3月期は主要顧客向けOEMは前年並み。自社製品は家庭用続伸、業務用もレジ決済関連好調で増益。新方式の電子ペン開発、PCパネルの仕様に影響少ない設計で取引拡大に弾み。電子筆跡で個人認証行うサービスの実用化に向け、2月イベントで試験実施。

 5月11日決算発表。2016年3月期は大幅減益だったが、2017年3月期は営業利益で+14.5%、経常利益で+9.3%と前期比2ケタの増収・増益に転じる予想。

 2013年5月15日の高値1522円から業績悪化で下降トレンド(A)となり、2014年10月17日の390円で底打ち。2015年2月24日の649円まで反発するものの、業績回復せず再下落となって8月25日に392円まで下落し、400~500円でもみあって今年の3月15日に555円まで上昇するも5月26日に394円まで下げています。
 
(6727)ワコム
 

(4008)住友精化

 四季報によると、主力の吸水性樹脂は紙おむつ等向けに販売数量底堅い。ただ原油価格下落に伴う販価下落誤算。営業増益幅縮小。17年3月期は内外で吸収性樹脂の供給過剰続く。今夏韓国で関連新設備稼働による償却負担増も響く。増収だが営業益横ばい。吸水性樹脂で競合の日本触媒が当社相手取り特許侵害訴訟を提起。当社は無効主張。韓国新設備には影響ない方針。

 5月11日決算発表。2017年3月期予想は、営業利益+8.0%、経常利益+21.7%の増収・増益見通し。

 2012年9月6日の268円、11月14日の268円をダブル底にアベノミクス相場にサポートされて、急騰となり2014年1月16日には947円と1年強で3.5倍化しました。ここをピークに下落となるものの5月19日の583円、10月17日の580円と2点底となったあと、反発となり2015年5月12日には935円の2番天井をつけました。ここから9月4日の707円まで押し目を入れ、10月30日の856円まで反発するものの、業績下方修正を受けて、短期の下降トレンド(A)入りとなりました。この中で今年の4月6日に491円で底打ちとなり、5月2日の505円、6月2日の515円と順上げの3点底となって下降トレンド(A)を上にぬけ、6月7日に596円で買転換となりました。押し目待ち有利の形といえます。
 
(4008)住友精化
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!