今週は、メジャーSQを控え下値模索の荒い動きを想定

<週前半は、円安を受け17234円の戻り高値、後半は円高から16642円で引ける>
 先週の予測では、アメリカの早期利上げ期待で円安進行なら、戻り試すが上値は限定的としました。5月のSQ値16845円を突破したことで、17000円大台を目指すが16900~17000円は過去の累積売買代金が大きいところであり、又、目先の需給からは外資系ファンドなどが17000円のコール売り、16000円のプット売りで16000~17000円のボックスとなっており、ここをぬけると17000円台(柴田罫線の目先の抵抗ラインは17233円としました)ぐらいまでの上昇の可能性はあるとしました。

 結果的には、週始めは111円台の円安となっていたことや、消費税増税延期がほぼ決定したことで、日経平均は大幅上昇となって17000円台を回復し、31日(火)は△166円の17234円と柴田罫線で抵抗ラインとした17233円を1円上回って引けました。しかし、その後はアメリカの利上げ警戒感からNYダウが反落し、円安が一服すると日経平均は利益確定売りから大幅下落となり、6月1日(水)は▼279円の16955円、2日(木)になると欧州株安とアメリカ株式の不安定な動き、安倍首相の消費税増税延期表明で材料出尽くし、経済対策の内容に言及がなかったことで失望となり、円高が108円台まで進んだことで、▼393円の16562円の大幅続落となりました、結局、為替に左右される展開はかわらず週前半は111円台の円安を受け17234円の終値ベースの戻り高値をつけて反発し、週後半は108円台の円高を受け2日(木)は16562円まで下げ、週末の3日(金)は自律反発で△79円の16642円で引けました。

 日本市場の引け後のアメリカ市場では、注目の5月雇用統計は非農業部門雇用者数は+3.8万人と予想の16.4万人を大きく下回る予想外の結果となったことで早期利上げは後退し、ドルは急落となって1ドル=106円台の円高となりました。NYダウも一時▼150ドルをこす下落となりましたが、結果的に6月利上げの可能性がなくなったとの見方から下げ幅を縮小して▼31ドルの17807ドルで引けました。シカゴ日経先物は106円台の円高を受けて▼330円の16330円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、メジャーSQを控え下値模索の荒い動きを想定