2016年6月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2016年6月1日時点での主要市場見通し

 
主要見通し
 

基本シナリオと見通し数値について

 世界市場は、引き続き、1~2月の下振れ(いたずらな悲観論の台頭による)から脱却の流れにあると考える。年央(6~7月辺り)までは、こうした明るい動きが基調となろう。ただし、6~7月は、日銀や米連銀の金融政策を巡る思惑や、英国のEU離脱についての国民投票などが、短期的な波乱を引き起こす可能性は高い。とは言っても、述べたような明るい流れを阻害するようなものにはなるまい。 年後半は、米大統領選挙を 11月に控えて、米国内の政治的不透明感の高まりや、円高思惑の広がり、日本株の参院選挙後の材料息切れなどが懸念材料として控えているため、内外の株価や外貨相場は、やや弱含みの展開になると見込まれる。

 具体的な予想レンジについては、上記のような全体展望は前号(5月号)と変わらないが、6月末までの予想レンジは、残された時間が短くなったことに応じて、予想レンジを狭める。

 年後半(7~12月)の予想レンジは、前半の修正に応じて微調整するにとどめる。繰り返しになるが、大きなシナリオ(7月頃までは日本株高・外貨高気味だが、年末にかけて再度調整する)に変更はない。

 2016年 6月までの予想レンジについて、前月号(5/2(月)時点)から、下記の修正を行なった(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 15500~19500 ⇒ 1650019000
10年国債利回り(%) -0.1~0.4 ⇒ -0.150.3
米ドル(対円) 105~115 ⇒ 107~115
ユーロ(対円) 120~135 ⇒ 120~130
豪ドル(対円) 80~95 ⇒ 80~90

 2016年 12月までの予想レンジについては、前月号(5/2(月)時点)から、下記の修正を行なった(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 18000~22000 ⇒ 18000~21000
10年国債利回り(%) -0.1~0.5 ⇒ 変更なし
米ドル(対円) 112~125 ⇒ 変更なし
ユーロ(対円) 125~145 ⇒ 120~145
豪ドル(対円) 80~100 ⇒変更なし

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2016年6月1日時点での主要市場見通し