アメリカ早期利上げ期待で円安進行継続で戻り試すが上値は限定的

<週前半は、16500円割れするも円安と政策期待で16800円台へ>
 週始めは、前週末のG7財務相会議で成果なく、利益確定売り優勢となって2日連続の下落で一時16500円割れとなるも下値は限定的でした。その後、原油価格が上昇し欧米株式の大幅高、為替の1ドル=110円台回復から、日経平均は反発に転じ、直近の上値抵抗ラインである5月SQ値の16845円を突破し、16957円まで上昇し、終値は16834円となりました。

 先週の予測では、SQ値を突破しても、すぐには16900円、その上は17200円水準が上値抵抗ラインになるとしましたが、結局16957円まで上昇し終値では16834円でした。この16900円台というのは、16900~17000円の間で過去大商いが急増しているところですので、戻り売りがでるところです。

 23日(月)は、21日(土)開幕のG7で財政出動の全面的合意得られず、又、4月の貿易収支で前月より700億円の黒字発表を受けて一時▼318円の16417円まで下落しましたが、サミットを控え政策期待から下げ渋り、▼81円の16654円まで戻しました。24日(火)も円安一服で手控え状況が続き売買代金は連日の今年最低となり、▼155円の16498円と16500円を終値で割り込みました。しかし、25日(水)は、前日の海外市場で原油価格が上昇し、欧米株高となったことで為替が1ドル=110円台を回復すると△258円の16757円と急反発となりました。26日(木)は、原油先物が7ヶ月ぶりに49ドル台を回復し、欧米株式も続伸となったことで、寄り付き価格で△170円の16927円と上値抵抗ラインとした、5月SQ値の16845円を突破し、4月28日以来の16957円まで上昇するものの、利益確定売りに押されて上げ幅を縮小し△15円の16772円まで下げました。 週末の27日(金)は、消費税増税先送りなどサミット後の政策期待が支えとなって、買い先行で16901円まで上昇するものの、引け後のアメリカでのイエレン議長の講演を控えて、利益確定売り強く、△62円の16834円で週も終値となりました。売買代金は7日連続の2兆円割れとなっています。

 27日(金)のアメリカ市場では、30日(月)がメモリアルデーで休場のため3連休を控えて買い戻しが優勢となり、NYダウは△44ドルの17873ドルと週足では5週間ぶりの反発となりました。イエレン議長の講演では、早期利上げの可能性を示しましたが、株式市場はアメリカ経済は利上げに耐えられるとの楽観的見方が多くなっています。シカゴ日経先物は△90円の16910円となっています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> アメリカ早期利上げ期待で円安進行継続で戻り試すが上値は限定的