相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1815)鉄建

 四季報によると、受注は前期比16%減計画。JR、官公庁向け中心に手持ち工事は最高水準。粗利率改善し営業増益。17年3月期は採算重視の受注を徹底、豊富な手持ちを順調消化し、施工効率化で労務費高こなす。土木、建築とも粗利率改善し営業益続伸。東京五輪の競技施設となるアクアティクスセンターと有明アリーナの建築工事をJV受注。リニア関連の受注も有力。

 5月13日決算発表。今期業績見通しは、売上は小幅減ながら、営業利益、経常利益ともに大幅増益。

 同社はリニア新幹線や首都高速大規模改修、東京五輪に向けての再開発に関連する材料を持つ。景気対策関連。

 2013年6月7日の101円を安値に上放れとなって9月17日の381円まで上昇。ここを高値に2014年2月4日の255円を安値とする上値を切り下げる直角三角形の保ち合い(B)となるが、その中で2014年5月21日の265円を安値に急騰、上放れとなり9月2日には534円のピークをつけました。ここから本格調整入りとなって下降トレンド(C)を形成しました。この中で今年の2月12日の214円の安値をつけ反発となって300円手前で横向きのもみあいとなり、5月18日には297円で下降トレンド(C)を上にぬきつつあります。
 
(1815)鉄建
 

(5612)日本鋳鉄管

 四季報によると、水道用鋳鉄管は厚労省の水道整備費積算基準改定で需要減。単価も低下。原料安も及ばず減益。減配。17年3月期も主力の水道管は需要停滞。競争激化による市況軟化も続く。水道用付属品販売やリサイクル事業を増やしても利益は伸び悩み。施工性や耐久性を改善した新型耐震ダクタイル鋳鉄管でコア事業を強化。ガスメーターのリサイクル事業にも注力。

 4月28日決算発表。2017年3月期予想は、前期とほぼ変わらず。

 ※上水道向けタグタイル鉄管が主力で、熊本地震の復興特需が想定され4月19日に一時209円まで上昇。

 2012年6月4日の133円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、2013年2月1日の286円まで上昇(A)。ここから短期の下降トレンド(B)となって、この中で6月27日の195円まで下げて、10月21日の265円まで反発し、三角保ち合い(C)となり、上放れとなって2014年8月27日には303円の高値更新となりました。ここをピークに本格調整となって急角度の下降トレンド(D)入りとなり、今年の2月12日の128円、4月14日の127円とダブル底のあと、熊本地震特需期待で4月19日には209円まで上昇。その後、買われ過ぎから5月6日の146円まで下げてリバウンドにはいってきています。
 
(5612)日本鋳鉄管
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!