今週も先週と同様、下値は限定的で政策期待が下支え

<先週は、下値堅いものの上値も限定的で終値ベースで15400~16700円台のレンジ>
 先週の予測では、決算はピーク通過で、新年度の急激な円高による悪材料はかなり消化され、為替も落ち着いていることで戻りを試す動きとなることを想定しました。 チャートをみると2月12日の安値14865円から下値を切り上げる展開となっているものの、目先は上値は限定的で、13日(金)のSQ値16845円を突破できるかどうかとしました。結果的には、下値は限定的で16391円、上値も限定的で16841円とSQ値まで接近するものの週の終値は16736円と狭いレンジでのもみあいに終始しました。

 週始めの16日(月)は、前週末のNYダウの大幅下落を受け▼20円の16391円で寄り付くものの、消費税の再延期観測が下支えとなり、すぐにプラスに転じて上げ幅を拡大し、一時△220円の16632円まで上昇しましたが、やや円高となったことを嫌気し上げ幅を縮小して△54円の16466円で引けました。しかし、17日(火)は前日のアメリカ株高と円安を受け△186円の16652円と大幅反発しました。ただし、材料不足で商いは低水準でした。18日(水)はアメリカ株安を受けて売り先行で始まるものの、1-3月期GDPが年率換算で前期比+1.7%と予想の+0.3%を受けて100円をこえる上昇で16795円をつけるものの、スズキ自動車の走行試験の不正をきっかけに▼139円の16513円まで下落し、終値は▼8円の16644円となりました。

 上下動の大きい1日でした。19日(木)は、前回のFOMC議事録公開で、6月利上げ観測からドルが買われ1ドル=110円台回復で寄り付き△162円の16807円のあと16841円とSQ値の16845円に接近するものの、買い一巡後は下げに転じ、一時マイナス圏となるものの引けは△1円の16646円で引けました。週末の20日(金)は、売り先行でスタートするもののサミットを控え、政策期待が根強く買い優勢となって△89円の16736円と16700円台を回復して引けました。

 週末の日本市場の引け後のアメリカ市場は、6月利上げ観測からのドル買い・株売りも一巡し、好決算を発表したアプライド・マテリアルズの大幅高をきっかけにテクノロジー株を中心に幅広い銘柄が買い戻され、一時△136ドルの17571ドルまで上昇しましたが、金融株が上げ幅を縮小したことで△65ドルの17500ドルで引けました。シカゴの日経先物は▼15円の16725円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も先週と同様、下値は限定的で政策期待が下支え