相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(8061)西華産業

 四季報によると、柱の電力事業伸びるが大口案件多く利幅悪化。石油、化学、鉄道向け発電設備も受け渡し減。営業減益。17年3月期は化学・エネルギーの期ずれ案件発現。産業機械や欧州子会社も伸びる。営業益反発。4月、営業統括本部内に電源開発部を新設。新電力向けに専用部隊組織し営業体制強化。2月に自己株式の取得終了、今後も配当性向35%と両輪で検討。

 5月13日決算発表。2017年3月期予想は、営業利益+78.2%の27.5億、経常利益+69.7%の30億円と2ケタの増収・増益。

 2011年の東日本大震災直後の3月15日に168円の底値をつけ、2012年3月27日の258円まで上昇。ここから10月30日の205円まで調整後、大幅上昇となって2013年5月8日には350円の高値をつけました。ここをピークに上げすぎからの調整入りとなり、6月27日の229円まで急落後は240円をはさんだもみあいが1年近く続き、上放れとなって2014年9月9日の291円まで上昇したあと、10月27日の234円まで押し目を入れて、大幅上昇となり2015年3月25日には361円の高値更新となりました。ここをピークに下降トレンド(D)となっています。9月7日の240円まで下げて11月25日の311円まで反発後、再下落となって今年の2月12日の200円まで下落し、3月14日に244円まで自律反発後もみあって5月13日に今期の好調な予想を受け234円で買転換となっています。
 
(8061)西華産業
 

(9130)共栄タンカー

 四季報によると、前期のタンカー売却等で減収。円安効くが、ドック費用等増え営業微増益圏。LPG船売却、バラ積みフリー契約船返船。17年3月期は竣工ないが前期竣工のLPG船、バラ積み船が戦力化。タンカー市況反落でも中長期契約が大半で影響は限定。17年度にLPG船、18年度に大型タンカーが竣工。海外船社含め長期貸船契約拡充、船種も広げ経営基盤安定化図る。

 5月13日決算発表。2017年3月期予想は、営業利益+42.9%の27億円、経常利益+103.6%の17億円と前期比2ケタの増収・増益。

 2012年9月6日の146円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされ2013年3月21日の329円まで急騰のあと、4月15日の293円を2番天井にして6月7日の190円まで下落し、このあとは190円を下値とする上値を切り下げる形となりました。中期でみると2012年9月6日の146円を基点とし、2013年4月15日の293円を上値の基点とする三角保ち合い(A)とみることもできます。この中で2015年3月4日の256円を高値に下放れとなり、9月29日に162円まで下落。ここから12月10日の224円まで自律反発するも三角保ち合いの下値斜線にアタマを押えられ、再下落となって短期の下降トレンド(B)となりました。今年の2月12日に130円の安値をつけたあと、三角保ち合いとなって5月16日に158円で買転換となりました。
 
(9130)共栄タンカー
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!