相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4228)積水化成品工業

 四季報によると、食品容器やトレー用途等の汎用製品が石油系原料安で採算急改善。25期ぶり最高純益。17年3月期は自動車部材用途が北米好調。搬送資材用も液晶業界向けが数量上向く。が、汎用製品の利幅縮小。軽さと高い緩衝性で自動車部材用途として需要高まる。日系自動車メーカーに供給。現地生産増えているメキシコにも成形工場を建設、今夏稼働へ。

 4月27日決算発表。2017年3月気予想は、営業利益+7.5%、経常利益+11.1%の増収・増益。

 2012年10月15日の164円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)となり、この中で2014年5月21日の259円を安値として急騰し2015年1月14日には492円まで上昇しました。この高値圏でもみあって5月19日に496円と高値更新したところがピークとなり、ダブル天井に近い形となって短期の下降トレンド(C)を形成しました。この中で8月25日の348円まで下落したあと、ゆるやかに下値を切り上げる形となって下降トレンド(C)を横にぬけて12月24日の423円まで上昇するものの、ここを戻り天井にして再び短期の下降トレンド(D)となりました。この下降トレンド(D)の中で、今年の4月8日の291円の下ヒゲを出してもみあい、4月21日に339円で買転換となって下降トレンドを上にぬけています。
 
(4228)積水化成品工業
 

(3946)トーモク

 四季報によると、段ボールは値上げ未達も、数量が想定超。住宅も堅調。保険特益。17年3月期は段ボールが長野工場稼働や前期稼働の神戸フル操業で数量上積み。住宅は増税前特需やマイナス金利が追い風。営業増益。

 中芯減らし軽量化したTM段を拡販、商品を直接包む紙器分野に攻勢。輸入住宅は初のサービス付き高齢者住宅を2月竣工、個人住宅以外の需要開拓図る。

 2017年3月期予想は、営業利益+29.7%、経常利益+24.9%の2ケタの増収・増益。

 2011年の東日本大震災後の3月15日に160円の大底を打って、3月31日の264円まで反発後、底値圏での三角保ち合い(A)となりました。それが煮詰ってきたところの2012年11月15日の218円を安値にアベノミクス相場にサポートされて上放れし、2013年12月30日には365円の高値をつけました。ここをピークに調整入りとなり、2014年2月10日の329円を上値の基点、5月21日の252円を下値の基点に下向きの先細り三角形の下げ方となりました。この中で今年の1月21日の240円で底打ちとなり、2月12日の240円をダブル底にして反発し、もみあって4月8日に250円の下ヒゲを出したあと、5月9日の289円で買転換し、上放れの形となりました。
 
(3946)トーモク
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!