農産物の輸出は伸びているか -1兆円目標前倒し論の虚実-

 輸出が伸びているように見えるが、数量ベースでは伸びていない。農産物の輸出目標1兆円の前倒し論もあるが、実現は難しい。コメや牛肉など、マグニチュードの大きい品目の輸出がないと、農産物の輸出は伸びない。価格は高くても、製品差別化で輸出は可能だ。対中関係を改善し、中国市場の開拓が課題であろう。

1、農林水産物輸出1兆円は可能か?

 安倍首相は農産物輸出に積極的である。そして、安倍内閣になってから、農産物輸出が増加しているとの説があり、「平成32年(2020年)までに輸出額1兆円水準を目指す」という目標を前倒し達成できるとの議論が多い。例えば、2015年11月に策定したTPP政策大綱では1兆円目標の前倒しを明記した。しかし、この輸出好調論は「農産物輸出は伸びている」という現状認識も、前倒し論も危なっかしい議論である。

 表1に示すように、円表示で見れば、安倍内閣になって(つまり2013年以降)、農林水産物輸出は伸びた。2013年22.4%増、14年11.1%増、15年21.8%増である。しかし、これは円相場が51%も“円安”になった効果であり、ドル表示で見れば伸び率は小さい。この3年間でわずか9%増に過ぎない。つまり、数量ベースで見ると、輸出の伸びは大きくない。

 日本の農林水産物輸出の実力は強くないと言えよう。“円レート次第”だと言うことである。今年、仮に1ドル=110円になると仮定しよう(5月10日現在109円)。仮に数量ベース(㌦ベース)で前年並みの6.5%増になるとしても、円ベースの伸び率は前年比3.2%減少になる(前年より円高になった効果)。これが現実的な数字であろう。
 
zu1
 
hyou1
(出所)農水省ホームページ「平成27年農林水産物・食品の輸出実績」27年4月。円相場は日銀調べ。
(試算)2016年の輸出額は、仮に円相場が110円になれば、ドルベースで15年並みに伸びても(6.5%増)、円ベースでは3.2%の減少である。
 
 仮に1ドル=110円として試算すれば、農林水産物輸出額が2020年に1兆円になるためには、今後5年間、年平均8%(㌦ベース)で伸びていかなければならない。これまでの実績からすれば、極めて困難なことであり、非現実的と言えよう。1ドル=120円が続けば可能であろうが、110円以上の相場であれば、輸出目標の達成は無理と言えよう。1兆円達成は、仮に110円レートであれば、年率5%で伸びても(希望的観測)、2023年である。

 従来より、輸出志向が強まっているのは事実である。また、実際に、輸出努力も増えてきた。この事実は評価したい。しかし、上述のように、最近の農林水産物輸出論はあまり根拠のある議論とは言い難い。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 農産物の輸出は伸びているか -1兆円目標前倒し論の虚実-