S&P 500®月例レポート

S&P 500®

背後に隠れている人やGAAPの数値は気にするな

 ボスに呼ばれた時、クビを言い渡されると思いました。ところがボスは私に、状況は逼迫しているし、売上高は伸び悩んでいるし、対策を講じるよう外部からの圧力もあるが、「明日になれば太陽は昇るさ」と言いました。そこで私は、とりあえず6.3%カットしておくことにしました。そして「明日になって太陽が昇った」後、元に戻すタイミングについて話し合うためのミーティングをセッティングしよう(いいレストランを探しておけ)とボスは言いました。私はボスの部屋を出ると階下のバーに行き、シャンパンを注文しました。職があることが本当にうれしかったのです。実際には、この話は私のことではなく(少なくとも今のところは)、ウォール街における米国企業利益の予想に関する話です。

 S&P500構成銘柄の2016年第1四半期の利益予想は、決算発表シーズン前に10%以上引き下げられていたため、実際に第1四半期のEPSが発表されると、全体で前年同期比6.3%の減益になったとはいえ、決算発表を終えた企業(全体の70%が発表)の73%以上が予想を上回る結果となりました。バーで祝杯を挙げたというストーリーと同様に、市場では株価が上昇し、S&P500は2,100の水準を回復し(年初来初めて)、ダウ工業株30種平均も1万8,000ドルの大台に乗りました。73%もの企業で利益が予想を上回り(過去平均である全体の3分の2より多い)、S&P500は終値の史上最高値(2015年5月21日の2,130.84)が射程圏内に入り、まさに「明日になれば太陽は昇る」の歌詞通りになろうとしています。ここで言う「太陽」とは2016年下半期を指し、第1四半期を底に第2四半期に上向き、第3、第4四半期には過去最高益を更新するというシナリオ通りに進んだ場合、株価が最高値を更新しないはずはありません。この無謀な「夢」にもいくつかの利点があります。金利は低水準にとどまり(年初来では低下しています)、最も強気な予想でも年内の利上げは最大で2回(各0.25%)と予想されています。企業が保有する現金は過去最高に近い水準にあり、社債を発行しやすい環境で(金利以上に利益還流という観点から、欧州やアジアではなおさらです)、コスト削減策は継続されています(貯蓄志向も続いています)。自社株買い戻しはEPSを力強く押し上げ、2015年第4四半期にみられた予想外のEPS上昇は2016年第1四半期も続いています(以前から、利益管理をMBAコースの必須科目とするべきだと冗談で言っていましたが、本当に利益管理を学んだ人がMBAを取得しているかのようです)。一方で、「無謀な夢は無謀にすぎない」ことを示す点としては、世界各国の金利や景気刺激策(昨年12月にECBをめぐって生じた「2度と騙されないぞ」と言う状況が日本に移っているようです)をめぐる不透明感や輸出入が低調なこと、原油価格と市場シェアをめぐる争い(50ドルまで戻しましたが依然として100ドルの半分です)が続いていること、そして第1四半期の決算から、先進国市場と新興国市場の両方の経済のみならず、雇用面でのコスト削減(解雇)効果や可処分所得まで縮小していると示唆されていることが挙げられます。その上、PERや株価キャッシュフロー倍率は(相対的に)高水準にあり、一部ではありますが、踏みとどまっていたリセッション入りが1年後にも現実化するとの見方もあります。

 市場では、バーで美酒に酔いしれる時と同じで「引き際を知る」ことも重要です。それを知らしめるように、月後半の決算発表や日本の状況、そして「明日になれば太陽は昇る」的な確信の揺らぎが逆風となり、S&P500は2,100から反落しました。現時点では、投資家には米国の政局を見る以外に他にやるべき選択肢はほとんどなくなったと思われます。個人的見解としては、1987年10月の市場、すなわち10日間の上昇(平均2.03%)が続いた後に、12日間にわたって下落する(平均4.08%)という展開が再現されると考えられますが、勝つ見込みもないわけではありません(楽しい週末を前にした1987年10月16日金曜日に市場は5.16%下落し、それまでイン・ザ・マネーの状態だったオプションの利益が既に紙くずとなったため、翌月曜日の20.47%の下落も大した痛手にはなりませんでした。なぜなら金利と異なり、株価はマイナスになることはないからです。(追記:歴史的には、株価がマイナスになることがありました。かつて株式の額面には法的な意味があり、発行価格が額面価格を下回るディスカウント株式と称され、その差額は潜在的な負債を伴う株式として取引されました。弁護士は当時も楽しい仕事でした)。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500®月例レポート