今週は、SQを控え方向感のない動きか

<2日間の営業で、一時16000円割れるが終値では16000円台守る>
 先週は、ゴールデンウィークの谷間の2日(月)と6日(金)の営業しかなく、不安定な動きとなって下値模索の展開としました。海外では為替が1年半ぶりに1ドル=105円台の円高となってシカゴ日経先物は15825円をつけましたが、為替が円高一服となると週末の6日(金)は▼40円の16106円と16000円台で引けました。

 5月2日(月)は、欧米株安や急激な円高を嫌気し一時▼690円の15975円まで下げて終値は▼518円の16147円でした。海外では3日(火)に中国とイギリスの経済指標の結果を嫌気し、原油も安かったことで世界経済への懸念が高まり、リスク回避の円買いとなって為替は1ドル=105.5円まで急激な円高となり、シカゴ日経先物は4日には15815円をつけました。しかし、黒田総裁、安倍首相、麻生財務大臣の口先介入が相次いだことで、1ドル=107円台の円高一服となったことで、6日(金)の日本市場は買い先行で始まりましたが、引け後のアメリカの4月雇用統計を控えて様子見となり、▼40円の16106円と6日続落で引けました。

 6日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場では、4月の雇用統計は非農業部門雇用者数は予想の+20万人を下回る+16万人となったことで、いったんドル売り、株売りとなるものの失業率は前月と変わらず平均時給も予想とほぼ一致したことで、雇用統計全体としては特別に悪い結果ではないとの見方から株式市場は買い戻されてNYダウは△79ドルの17740ドルで引けました。シカゴ日経先物も15840円をつけて±0円の16080円で引けていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、SQを控え方向感のない動きか