2016年5月2日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2016年5月2日時点での主要市場見通し

zu0主要市場見通し
 

基本シナリオと見通し数値について

 世界の経済的な基調には、大きな変化は見いだせない。また、世界市場の動向を概観すると、1~2月をボトムに、年央にかけて改善に向かっている、という見解は、変更する必要を感じない。

 ただし、米ドル円を中心とした、外貨相場(対円)の下振れや、それによる日本株の回復のもたつきなどにより、年前半の予想レンジは下方修正の必要があると考える。

 こうした点から、国内長期金利を除く各資産の、2016年の予想レンジを全般に下方修正する。ただし、年前半の予想については、予想レンジの期間末(2016年6月末)までの時間が短くなってきたため、予想レンジをその分狭める、という要因も大きい。

 また、年後半(7~12月)の予想レンジは、前半の修正に応じて微調整するにとどめ、大きなシナリオ(7月頃までは日本株高・外貨高気味だが、年末にかけて再度調整する)に変更はない。

 2016年6月までの予想レンジについて、前月号(4/1(金)時点)から、下記の修正を行なった(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 15500~21000 ⇒ 15500~19500
10年国債利回り(%) -0.1~0.4 ⇒ 変更なし
米ドル(対円) 112~123 ⇒ 105115
ユーロ(対円) 123~140 ⇒ 120135
豪ドル(対円) 82~100 ⇒ 8095

 2016年12月までの予想レンジについては、前月号(4/1(金)時点)から、下記の修正を行なった(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 19000~22000 ⇒ 18000~21000
10年国債利回り(%) -0.1~0.5 ⇒ 変更なし
米ドル(対円) 117~125 ⇒ 112~125
ユーロ(対円) 125~145 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 78~100 ⇒ 変更なし

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2016年5月2日時点での主要市場見通し