今週は営業2日だが下値模索の展開

<ゴールデンウィーク直前の29日(木)に、日銀の追加緩和なしで円の急騰、株急落>
 先週の予測では、ゴールデンウィーク前は、利益確定が基本とし日銀の追加緩和期待あるものの、発表で目先材料出尽くしとしました。前週は27~28日の日銀の追加の金融緩和期待を織り込む上昇であり、下げても下値は限定的で18000円に接近すれば目標達成感、結果発表で材料出尽くしとなる可能性があるとしました。

 結果的には、市場は日銀の追加緩和を織り込んで上昇していたところが、金融政策の「現状維持」を発表したことで、円が111円台から108円台への急騰、つれて日経平均は▼624円の16666円の急落となりました。

 週始めの25日(月)は、ドルが111円台半ばで上げ一服となったことで、前週の大幅反動から利益確定売り優勢となり、▼133円の17439円のスタートとなりました。その後はFOMCや日銀の金融政策決定会合を控え様子見ムードもあり円強含みとなったことで、26日(火)は▼86円の17353円、27日(水)は▼62円の17290円と3日続落となりました。ゴールデンウィーク前日の28日(木)は前場は、前日のFOMCの利上げ見送りを受けてNYダウが上昇し、原油価格も1バレル=45.62ドルと半年ぶりの高値をつけたことで為替も111円台半ばまでの円安となったことで一時△281円の17572円まで上昇しました。 しかし、後場の始まる前に日銀金融政策決定会合で「金融政策の現状維持」を決めたことでマイナスサプライズとなり、ドル/円は108円台まで円高進行、日経平均も売り注文殺到で急落となり▼624円の16666円で引けました。1日の値幅としては高値17572円から16652円まで下落し、その下げ幅は920円と今年最大となりました。

 28日(木)の引け後のアメリカ市場では、1-3月期GDP速報値が予想を下回り、日銀の予想外の「現状維持」を受け、リスク回避の円買いで円が急騰したことが株式市場にもマイナス影響を与え、NYダウは▼210ドルの17830ドルと2月11日以来の大幅安となりました。シカゴ日経先物は▼225円の16275円でした。

 週末の29日(金)は、アメリカの経済指標がさえない中、ドル/円は106円前半まで円高が進行し、欧米株安となったこともありシカゴ日経先物は▼640円の15880円となりました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は営業2日だが下値模索の展開