相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1930)北陸電気工事

 四季報によると、北陸電力向け送配電工事、ビルや工場向け屋内線・空調管工事とも好調。不採算工事は減る。営業益続伸。17年3月期も民間需要は旺盛。富山新港LNG基地関連工事も本格化。最高益更新、増配も。

 富山新港LNG基地の運転開始後、顧客側の受け入れ設備施工・保守を親会社と一体となり提案。送配電設備の更新工事本格化に備え、人員確保など体制強化。

 1月29日時点。2016年3月期決算予想は2ケタの増収・増益変わらず。

 2012年9月4日の210円を安値に11月中旬のアベノミクス相場のスタートにサポートされ、ゆるやかな上昇トレンド(A)となっていましたが、この中で2014年5月9日の421円を安値に急角度の上昇トレンド(B)へ移行しました。この上昇トレンド(B)の中で2015年4月6日の678円を安値に、さらに急角度の上昇となって7月23日には1505円の高値をつけました。しかし、ここをピークに買われ過ぎから8月14日に1268円で売転換となり、下降トレンド(C)に転換しました。この下降トレンドの中で今年の2月12日に715円で当面の底打ちとなり、3月25日の997円まで反発後、再下落となり4月8日に752円で2番底をつけて4月22日に863円で買転換となっています。
 
(1930)北陸電気工事
 

(9075)福山通運

 四季報によると、輸送量の改善小幅だが燃料費下落で利幅良化。着服問題で純益下振れ懸念。17年3月期は新拠点開設支えに輸送量回復続く。遅れていた運賃適正化も徐々に進展、ドライバー人件費吸収。営業益復調。子会社元取締役の6億円着服問題に伴い第3四半期決算遅延。調査完了後、特損計上も。作業効率改善へ江東区ターミナルを建て替え、17年1月に完成予定。

 3月15日時点。2016年3月期予想は、昨年11月13日時点の予想と変わらず営業利益+1.6%、経常利益+3.4%。

 2012年11月16日の402円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、上昇トレンド(A)を形成。この中で2013年9月11日の664円まで上昇後、いったんピークとなって上昇トレンド(A)を下に切り、2014年2月5日の525円、10月17日の506円と2点底をつけて再上昇。その後664円を上にぬけて2015年5月26日の755円まで上昇するが、上昇トレンド(A)の下値斜線にアタマを押えられ、高値圏でのもみあいとなり10月23日の712円を高値に下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で今年の2月12日に507円の安値(2014年10月17日の506円に対する全値押し)となって三角保ち合い(C)の動きとなり、4月6日の526円を安値にもみあって4月22日に578円で買転換となりました。
 
(9075)福山通運
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!