今週は、外部環境悪化と熊本地震の被害拡大を見極める動きへ

<先週は、原油価格の反発をキッカケに、3日間で1159円の大幅高>
 先週の予測では、前週に引き続き15500~16000円の中のもみあいが続くとし、その日柄調整が完了して上昇する場合と、いったん下落して大きく反発していく場合を想定しました。 しかし、原油先物価格が17日(日)の産油国会合での凍結期待から反発に転じ、サウジアラビアとロシアが増産凍結に合意するとの報道から1バレル=42ドル台となったことで、アメリカ株高、円高一服となり、日経平均は12日(火)~14日(木)の3日間で1159円の上昇となりました。週末は、16928円まで上昇して利益確定売りから▼63円の16848円と小反落で引けました。

 週始めの11日(月)は、為替が再度107円台の円高となったことで、一時300円をこえる下げとなって15525円まで下落し、終値は円高一服となったことで▼70円の15751円で引けました。12日(火)はテクニカル面で割安になっていたところに原油価格の反発で円高一服となったのをキッカケに主力株が買われて△177円の15928円と反発しました。13日(水)は、17日の産油国会合を控えロシアとサウジアラビアがイランの動向にかかわらず増産凍結で合意したとの報道で原油先物が大幅高となり、NY株高、円安を受けて日経平均は△452円の16381円と大幅続伸となりました。さらに、14日(木)は中国の貿易統計の改善を受けて世界景気の警戒感が後退し、NYダウは△187ドルの17908ドルと大幅続伸となり、為替は1ドル=109円台の円安進行となったことで、日経平均は主力株中心に上げ幅を拡大し、先物にも大量の買いがはいって全面高となり、△529円の16911円と3月29日以来2週間ぶりの上昇幅となっていたことで、15日(金)の朝方は、一時▼190円の16720円で寄り付くものの、その後は下げ幅を縮小し、△17円の16928円とプラスに転じる場面がありましたが、利益確定に押されて▼63円の16848円で引けました。

 15日(金)のアメリカ市場では、17日の産油国会合を控えイランの原油相が欠席するとのニュースを嫌気し、原油価格が一時40ドルを割る動きとなったことで、エネルギー株が下落し、NYダウは▼28ドルの17897ドルと反落となりました、シカゴ日経先物は▼155円の16605円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、外部環境悪化と熊本地震の被害拡大を見極める動きへ