相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7971)東リ

 四季報によると、オフィスや店舗向けに塩ビ床材のタイルが好調、採算よい中・高級タイルカーペットも堅調。原材料安寄与。17年3月期はカーテンやや戻る。塩ビ床材でタイルが順調、タイルカーペットは着実増。店舗、オフィスの工事も伸び連続増益。

 神奈川・厚木工場の事務所棟を15年末建て替え、設備投資一段落。上海の販社拠点に中国、ASEANなど開拓へ。

 2月9日決算発表。2016年3月期予想は増収・増益変わらず。

 内装材のトップメーカー。今後は原油安による原材料価格の下落や民泊の拡大など追い風。PER,PBRからは割安。

 大底圏で、2010年10月21日の121円を安値の基点とし2011年3月25日の206円を高値の基点とする三角保ち合いを形成。この中で煮詰まったところで2012年9月6日の143円を安値に上放れとなり、10月30日の150円を2番底に2013年5月22日の235円まで上昇しました。その後、上向きの先細三角形(B)の上昇となっていましたが、2014年10月16日の200円を安値に急角度の上昇となり2015年5月28日には348円の高値をつけました。ここから7月10日の291円まで押し目を入れもみあったあと11月12日の365円と高値更新後、押し目形成となっています。今年になって日経平均の急落につれ安し昨年の7月10日の291円の安値を切って1月21日に284円となりましたが、上向きの先細三角形(B)の上値斜線にサポートされ反発となりました。

 このまま上昇して2月2日の330円の戻り高値をつけたところで日経平均が急落となり、つれ安して2月12日には270円の安値をつけました。
 
(7971)東リ
 

(1860)戸田建設

 四季報によると、手持ち工事順調消化で完工増。建築中心に粗利率大幅改善。営業増益幅拡大。17年3月期は受注増勢だが、完工小幅減。労務費高懸念は施工効率化でこなす。土木、建築とも粗利率改善進み営業増益続く。

 鉄骨柱の建て入れ計測・調整で省力化と時間短縮するシステムを開発。小型カメラを搭載したヘッドマウントディスプレーを活用し、現場管理業務を効率化。

 2月10日時点。2016年3月期業績予想は営業利益、経常利益ともに2ケタ増益。

 アベノミクス相場スタートの2012年11月13日の183円、2013年2月15日の197円を2点底にして、2014年1月9日の385円まで上昇後、2月5日の306円まで下げてもみあい4月11日の304円を2点底にして、上昇トレンド(A)へ移行。この中で2015年11月16日の743円、12月3日の751円と2点天井となって下降トレンド(B)へ転換し、上昇トレンド(A)を下に切りました。下降トレンド(B)の中で、今年の2月12日の434円、2月24日の436円とダブル底の形となって反発し、下降トレンド(B)を上にぬけて3月23日には576円まで上昇しました。ここを目先の戻りにして日経平均の急落につれ安し、押し目を形成しています。そろそろ景気対策がでるタイミングに近づいています。
 
(1860)戸田建設
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!