目先は、円高を輸出関連株が織り込む動き

目先は、円高を輸出関連株が織り込む動き
― 円高による悪材料を織り込んでしまうタイミング待ち ―

<先週は、15500~16000円の間での日柄調整の可能性>
 先週の予測では、現在の急落は数年に数回しかない買いチャンスの局面にはいっているとしました。下落は催促相場なっているものの、どこまで下げれば好材料がでるのかは誰にもわかりませんが、5月26~27日に伊勢志摩サミットを控えており、それまでには何らかの好材料がでる可能性が高いといえます。先週はもう一段下げがあれば15500~15800円としましたが、結果的には、週末の8日(金)に15471円まで下げて15821円で引けました。

 4日(月)までは、16000円台を守っていましたが、5日(火)は原油価格の下落と110円台への円高を嫌気し、日経平均は全面安となって▼390円の15732円と約1ヶ月ぶりに16000円を割れ、6日続落となりました。6日(水)は前日まで6日間で1400円以上の下げ幅となっていたことで自律反発するも上昇続かず終値は▼17円の15715円と3年5ヶ月ぶりの7日連続安となりました。7日(木)は、アメリカ株高から8日ぶりに一時△155円の15871円まで上昇するものの、為替が108円台の円高となったことで上げ幅を縮小し△34円の15749円で引けました。週末は、前日のアメリカ市場で世界的景気後退懸念の高まりや原油価格の下落からNYダウは一時▼231ドルの17484ドルまで下落し▼174ドルの17541ドルとなり為替も1ドル=107.67円と2014年以来の円高となっていたことで日経平均は前場に売り先行となって15471円と15500円を割り込みました。しかし、後場になると麻生財務相の円高けん制発言から円高一服となり、一時16027円まで上昇するものの、戻り売りに押され△71円の15821円で引けました。

 日本市場の引け後の週末のアメリカ市場では、原油の大幅上昇を受けNYダウは△153ドルの17694ドルまで上昇するものの、消費財関連の下落が重しとなり上げ幅を縮小して△35ドルの17576ドルでした。シカゴ日経先物は為替が108.08円の円高進行となったことで▼55円の15775円でした。

 昨年の8月から今年の2月までの下落は、中国の景気減速懸念をきっかけに新興国経済の景気懸念が拡大し、原油などの第一次産業の価格が需要不足からの暴落となり、特に中国経済の実態がつかめないことで投資家にとってパニック的な下落となりました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 目先は、円高を輸出関連株が織り込む動き