現水準から下は、年に数回の買いチャンス

現水準から下は、年に数回の買いチャンス
― 目先は下値模索の中で押し目買いの動き ―

<先週は、週半ばまでは17000円をはさんだもみあいだったが週末急落>
 先週も、週末に日銀短観やアメリカの雇用統計を控えて、それまでは17000円をはさんだもみあいが続くとしました。チャートの動きとしては下にいく場合は、3月18日の16613円を下回ると下放れとなって3月9日の16494円を試す動きとなるとしました。期末の動きとしては29日(火)の権利落ちが約130円といわれているので、配当落ちを埋めて17100円を突破するようなら上への期待がもてるが、逆に16900円を下回るようだと相場は弱いことになるとしました。その理由は、過去の価格帯の出来高が16900~17100円がフシになっているからだとしました。流れとしては現時点では、上昇基調を維持していましたが週末に日銀短観の大幅悪化と円高を嫌気し▼594円の16164円と予想外の急落となりました。

 結局、先週は日銀短観による景況感悪化と円高を嫌気し1ヶ月続いたこう着相場が下放れしてしまいました。28日(月)は為替の円安を好感し、又、3月期末配当や権利付売買最終日だったことで盛り上がりに欠けるものの△131円の17134円と2日続伸しました。29日(火)は3月配当落ち分(128円)を下回る下げの場面もありましたが、底固い動きとなり▼30円の17103円となりました。かろうじて17100円を少しこえたものの、勢いが弱く30日(水)は▼224円の16878円と16900円を下回り相場は弱い形となりました。31日(木)は期待されていた年度末のドレッシング買いもはいらず▼120円の16758円と3日続落となりました。そして週末の4月1日で新年度のスタートは3月日銀短観で大企業のDI(景況判断指数)が2四半期ぶりの大幅悪化、特に消費税増税直後の2014年6月調査を上回る下げ幅となり、日経平均は一時600円をこす下げとなり▼594円の16164円で引けました。

 日本市場の引け後のアメリカ市場では、3月雇用統計や3月ISM製造業景況指数は好調で、アメリカの景気減速懸念は後退し、NYダウは△107ドルの17792ドルと上昇しましたが、早期の利上げ観測につながらずドル売りに押され1ドル=111.62円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 現水準から下は、年に数回の買いチャンス