2016年4月1日時点での主要市場見通し

前月号見通し(2016/3/1時点)のレビュー

①日経平均株価
zu10
 
・日経平均株価は、上値が重かったものの、底固く推移した。今後は時折の波乱はあろうが、おおむね予想レンジ上限に向かうような動きを予想している。

②国内長期金利
zu11
 
・国内長期金利は日銀によって抑え込まれ、予想レンジ下限に張り付いて推移することが多かった。今後も基本的には低位での推移が続くと見込まれる。

③外国為替相場
zu12
 
・米ドルは、米連銀の金融政策見通しに左右され、予想レンジ下限近辺で、頭が重い推移が続いた。

・一方、ユーロや豪ドルは、対米ドルのみならず対円でも、徐々に上値を模索する動きに移行したと言える。

・今後は米国の堅調な経済実態に沿って、米ドルの上昇が遅れてやってくる展開になると予想している。

(以上)

◆関連サイト
馬渕治好氏が代表を務める事務所 ブーケ・ド・フルーレット
馬渕氏の詳細レポートがいよいよ販売開始!お申し込みはコチラ!

1 2 3 4 5

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2016年4月1日時点での主要市場見通し