相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1888)若築建設

 四季報によると、受注は後半巻き返す。手持ち工事は官公庁向け土木軸に高水準。採算改善進み営業増益。特益見込まず。17年3月期は採算重視の受注継続。工事の大型化に加え施工効率化が貢献し労務費高こなす。土木、建築とも粗利率改善続き、営業益拡大。

 工事の大型化で施工人員の効率運用図る。官公庁向け土木を柱に、民間建築の拡大へ人員増強、海外事業にも注力。

 2013年6月7日の77円、8月30日の85円と2点底となって上昇トレンド(A)を形成し、2014年10月28日には231円の高値をつけました。ここをピークに高値圏でもみあったあと、2015年1月26日の216円を2番天井にして下降トレンド(B)へ移行しました。その後はアベノミクス相場への不信感もあり、新しい財政投資計画もでないところから下落を続け今年の2月12日には102円まで下落しました。ここから大きく反発しており、押し目を拾って材料待ちとなります。
 
(1888)若築建設
 

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!