相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4047)関東電化工業

 四季報によると、主力三フッ化窒素が高水準。設備修繕費等が想定ほどは膨らまず、前号予想より営業増益の幅拡大。17年3月期は六フッ化リン酸リチウム順調増。燃油安も追い風。だが競合企業の能力増強で三フッ化窒素は価格下落基調。営業益横ばい圏。

 リチウムイオン電池向けの需要旺盛で六フッ化リン酸リチウム販価に値上がり機運。好業績受け設備投資積極化。

 2月12日決算発表。2016年3月期予想は営業利益、経常利益を上方修正。

 2012年10月10日の112円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、下値をゆるやかに切り上げる上昇トレンド(A)となっていましたが、2014年8月8日の242円を安値に急角度の上昇トレンド(B)へ移行しました。この中で2015年8月18日の決算発表で2016年3月期見通しを大幅上昇修正したことで、8月18日に1098円まで上昇し、ここで材料出尽くしとなって調整入りとなりました。日経平均の急落もあって9月29日に720円まで下落し11月13日の1026円まで上昇したところで戻り高値となって再下落し、今年の1月8日には724円の安値をつけました。その値動きは710~1000円が基本のボックス相場となっています。2月12日には日経平均の急落から670円という行き過ぎの株価となりましたが、すぐに切り返し3月4日には979円とボックスの上限に近づいたあと下限に向かう動きとなって3月18日に777円まで下落しもみあっています。
 
(4047)関東電化工業
 

(7224)新明和工業

 四季報によると、特装車は好採算の中小型を中心に堅調。航空機は民間向けが下期から価格改定ながら利益高水準。営業益続伸。17年3月期も特装車底堅い。航空機は防衛省向けやや鈍化だが、民間向けは数量伸びる。償却負担増加かわし営業増益基調続く。

 ボーイングの既存機種増産投資は17年3月期も継続。新機種生産準備も並行。機械式駐車場は都心のビル需要開拓。

 1月29日決算発表。2016年3月期予想は2ケタの増収・増益のまま。

 2013年10月8日の705円を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で2014年5月21日の833円を安値に角度の大きい上昇に転じ、2015年3月2日の1395円まで上昇しました。その後1395円を高値とし7月29日の1055円を安値とするボックス相場(B)の中の動きとなり、このボックス相場の中で3月2日の1395円、8月18日の1383円、10月26日の1365円と三尊天井となって下降トレンド(C)へ移行し、ボックス(B)を下放れすると急落となり、4空(窓を4つ空ける)となって今年の2月12日には691円の全値押しの形となりました。ここからの3月2日に815円で買転換となって戻りを試しているところです。
 
(7224)新明和工業
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!