プリマハム(2281)

 この1か月ほど、日経平均は上にも下にも動かずに膠着状態です。それを嘆く声が聞こえますが、本質的な株式投資は、別に日経平均に投資するわけではありませんので、あまり意味のない議論のような気がします。

 まあ、全部が上がっているわけではありませんが、当コラムの最近の推奨株でも推奨来、ずっと右肩上がりの株もあります。

 たとえば、寿スピリッツ(2222)です。記事はこちら(2月12日掲載)

 2月半ばの推奨ですが、すでに40%の上昇となっています。さすがに、ここからは買う気にはなりませんが。

 また、ニトリホールディングス(9843)も20日ほどで15%の上昇です。記事はこちら(3月11日掲載)

 結局、市場がどう動こうと、好業績で割安感があれば、株価はやがて上がるということでしょう。

 さて、景気敏感や外需株はなかなか動かないのですが、内需株は好調な銘柄が多く、ここからはより慎重な銘柄選別が望まれます。そんな中で、内需、ディフェンシブながら下がったまま動いていない有望株の1社がプリマハム(2281)です。

 同社は加工食肉業界において、上位3社の日本ハム(2282)、旧伊藤ハム(現伊藤ハム米久ホールディングス:2296)、丸大食品(2288)が競う中で、万年4位以下に甘んじてきた会社です。さらに、今から15年前までの10年間は最悪期で万年赤字となり、倒産寸前まで行きました。

 しかし、その後伊藤忠の出資を仰ぎ、実はこの10年ほどで劇的に収益性が向上し、ダントツとなった日本ハムには及ばないものの、2位の地位を窺うほどの変化を見せています。それにもかかわらず、低迷時代の印象が強く、バリュエーションは極めて低水準のままです。

 特に現状はもはやこれ以上下がらないところまで株価がやってきました。過去において同社株はBPS(一株当たり純資産)水準で下げ止まっていますが、まさに今ほぼそのBPS水準から動き始めたところです。業績面ではハム・ソーセージのシェアアップとコンビニベンダー事業の回復で当面コンスタントな成長が期待できることから、大幅な株価上昇も望めるものと考えられます。

 なお、データなど詳細はこちらからご覧ください。
 http://cherry100.mods.jp/ra/s/924

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> プリマハム(2281)