今週は、薄商いの中、上昇後はもみあいとなって個別物色相場へ

<先週は、週始め高いもののFOMCの結果を受け大きく下げる>
 先週の予測では、アメリカ株高、原油の反発を受けて日経平均も堅調な動きとなってきたことで3月4日の17042円を上回って引けてくると、まずは17500円を試す動きを想定しました。ただし、FOMCの結果によって年内の利上げの時期や回数によっては相場は影響を受けることになるとしました。 結果的には、週始めは大きく上昇して17300円に接近するものの、その後はFOMCの結果が利上げ後退の観測となったことで、急激なドル安・円高となり日経平均は大きく下げて16600円台となり終値は▼211円の16724円でした。

 週始めの14日(月)は、前週の欧米株高とECB理事会の追加緩和を見直す動きから買い戻し優勢となって、日経平均は△352円の17291円まで上昇し、終値は△294円の17233円でした。その後は利益確定売りに押され、17000円の攻防となり16日(水)のFOMCで2016年の金利見通しが大幅に下方修正されると、年内の利上げが昨年12月時点の4回から2回に半減するとの見通しで、急激なドル売り・円買いとなりました。17日(木)は前場こそ円高よりもNYダウの上昇や原油の大幅反発に反応して△278円の17253円まで大幅反発するものの、後場になると円高を嫌気し、一時▼159円の16814円まで下落し終値は▼38円の16936円と続落しました。週末の18日(金)は為替が一時1ドル=110円台後半の円高進行となったことで▼322円の16613円まで下げ終値は▼211円の16724円で引けました。

 18日(金)の引け後のアメリカ市場では、引き続きFOMC後の穏やかな利上げ見通しを好感する流れが続き、NYダウは△120ドルの17602ドルと6日続伸となりました。さらに、週明けの21日(月)のNYダウは、引き続きFOMCの結果を好感し△21ドルの17623ドルと7日続伸となっており、シカゴ日経先物は大証比△245円の16755円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、薄商いの中、上昇後はもみあいとなって個別物色相場へ