相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7972)イトーキ

 四季報によると、主力のオフィス家具は新築ビル需要や企業の2次・3次移転により続伸。医療、地方自治体向けなども増える。設備機器は建材間仕切りや研究施設向け機器が堅調。小幅ながら営業増益。前期の税効果による押し上げなくなり、純益は反落。

 18年度売上高1240億円、営業益77億円の超強気の中期計画。ビル需要の取り込みを強化。海外はM&Aも視野に。

 2月12日発表時点での2016年12月期決算予想は営業利益、経常利益ともに2015年比△4.5%。

 2013年8月9日の434円を安値に上昇トレンド(A)を継続中。この上昇トレンドの中で2014年5月26日の869円を高値をつけて調整入りとなりました。11月26日に540円の安値をつけて反発し、2015年4月2日の799円まで戻したあと、再下落となって7月9日の630円、9月27日の645円と2点底をつけ、急反発となって9月8日の947円、12月3日の969円と2山形成する動きとなりました。ここから1月21日の711円まで下落したあと2月8日の881円まで上昇し、再下落となって3月1日の666円の安値をつけて、3月4日に715円で買転換となっています。
 
(7972)イトーキ
 

(3116)トヨタ紡織

 四季報によると、国内は高付加価値品が牽引。北米も収益改善。トヨタの生産一時停止こなし営業増益。欧州リストラ特損。17年3月期はトヨタ車の生産台数ほぼ横ばい想定でも過去2期の構造改革で欧米黒字化。為替逆風などこなし連続営業増益。増配期待。

 欧州事業抜本改革に着手。独6工場や東欧で生産品目再編、工場閉鎖など模索。調整含め3月末までに詳細詰める。

 2月3日決算発表。2016年3月期予想は営業利益、経常利益とも従来の2ケタ増収・増益を少し上方修正。

 2014年10月14日の1045円を安値に上昇トレンドを形成。この中で2015年1月5日の1650円まで上昇後、2月3日の1340円まで下げて三角保ち合い(B)となり、上放れとなって8月11日の2400円まで上昇。その後9月2日の1833円まで押し目を入れ、再上昇となって11月25日の2769円でピークをつけました。ここから今年の1月18日の2075円まで急落し、上昇トレンド(A)にサポートされていったん2月1日の2535円まで反発するものの再下落となり、2月12日の1591円の安値をつけました。ここから反発となって3月2日に1825円で買転換となってもみあっています。
 
(3116)トヨタ紡織
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!