思ったより早く来そうな小型株相場

マザーズ指数が、急上昇

 東証マザーズ指数が上昇してきた。3月12日の日経新聞でも取り上げられているが、「民泊」「AI」「フィンテック」といった、テーマの小型株に、個人の投資資金が集まりつつある。

 2月12日に667.49だったマザーズ指数は、3月11日には、940.51ポイントと、40%以上の急上昇を演じた。日経平均株価も、同じように、2月12日の安値から回復をしてきたが、3月11日までの上昇率は13.3%にすぎない。日経平均株価は、下落が始まる前の2月1日の終値17,865円まで、まだ1000円近くあるが、マザーズ指数は、その水準(2月2日の865.79ポイント)を大きく超え、すでに昨年7月末の水準まで戻している。

 この理由には以下のようなことが考えられる。

①小型株の出遅れが激しい
②金融緩和が最終局面にあり、大型株相場には限界が生じた
③株式市場にテーマ性が出ている

 これらのことが原因で、個人投資家のみならず、外人投資家も小型株に参入し、マザーズ指数は急上昇を始めたと思われる。

 目先では、3月22日からの週が、小型株に注目が行く場面だろう。その理由は、「IPOラッシュ」にある。

 

IPOラッシュ

 「3月18日は、IPOの日」と言いたいくらい、上場ラッシュの日だ。18日には6銘柄、22日に1銘柄、24日に2銘柄、31日に2銘柄と、3月には、あと11銘柄のIPOが控えている。特に、18日の6銘柄は多い。

【3月18日上場銘柄】
3467 アグレ都市デザイン JQS
住宅建築・分譲

6189 グローバルグループ マザーズ
保育所運営

6190 フェニックスバイオ マザーズ
PXBマウスの受託支援

6237 イワキ 東証2部
化学薬品製造の周辺機器製造・販売

7185 ヒロセ通商 JQS
FX事業

9466 アイドママーケィングコミュニケーション マザーズ
流通小売業の販促支援

 このように、多数の銘柄が上場する日は、初値を攻めるチャンスだ。なぜなら、資金が分散されるので、あまり高い価格にならないケースが多いからだ。そして、この18日の状況が、その後の個人投資家の動向に影響を与えるだろう。

 18日のIPO日程を超えた時点で、全体の相場が崩れていなければ、翌月曜日の22日から、個人資金は様々な小型銘柄に流れていくのではないだろうか。

株式投資に関するしっかりとした助言を受けたい方はコチラをご覧下さい。↓
http://nippon-st.jp/show_page.html/view/lp/mediaCode/min2
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 思ったより早く来そうな小型株相場