S&P 500 月例レポート

S&P 500®

2月相場は持ち直し、大荒れの1月からマーチマッドネス(3月の熱狂)へ

 
バレンタインのプレゼントを株主に贈ることにした株式市場は、2月14日(日曜日)のバレンタインデー直前に甘美なモードへと切り替わりました。S&P500は2月に入ってから5.73%、また年初来では10.51%値下がりし(2016年2月11日木曜日の終値ベース)、また大きく値を崩してきた金融株の下落率が17.69%に達する状況下、昔ながらの花束やチョコレートではなく(言うまでもなく、私にはこうしたアプローチを試みる勇気はありませんでした。まだ執筆作業に追われているからです)、買い注文を入れてきたのです(実際のところ、購入額を増やしたのか、それとも単に売却数を減らしただけなのかは不明です)。何よりも花と比べて長持ちするし、チョコレートよりも遥かに喜びが持続することから、こうした買い注文という贈り物によって強い安堵感が広がりました。その後市場は6.88%上昇し、月初からの騰落率が一時0.40%のプラスとなったものの、最終営業日に下落した結果、2月の月間騰落率は0.41%のマイナス(配当込みで0.13%のマイナス)となりました。とはいえ、大荒れとなった1月の 5.07%の下落と比べれば上出来です(12月は1.75%下落)。ただし、全てが満足のいく結果になったわけではありません。年初来の騰落率は5.47%のマイナス(配当込みで5.09%のマイナス)にとどまっており、金融セクターの下落率は11.85%と2桁が続いています。しかしながら、必要とされた幾ばくかの収益が得られたのと同様、2月相場には思いやりも感じられました。

振り返ってみると、2月の相場を動かしたのは、株価があまりにも大幅かつ急激に下落したために、賢明な投資家(別名ファンドマネジャー)が、バーゲンセール相場が到来したと考えたからだと言えるかもしれません。住宅関連指標は確かに買い材料となりました。大半の指標が力強さを示し、この業界は引き続き米国経済の中でも好調なグループの一角を占めています。堅調な雇用統計と同様に、第4四半期のGDPが上方修正されたことも相場を後押ししました(速報値のプラス0.7%から同1.0%に)。企業業績は低調で相場の支援材料とはなりませんでした。人員削減といったコスト削減による恩恵以上に、為替や売り上げの低迷、特別項目が足を引っ張る結果となったからです。金利動向を巡る懸念も売り材料と見られました。金利が低下し、赤字決算が増え、イエレン議長はマイナス金利についてまで言及しました。しかしながら、公平な見方をすれば、金利は楽観的とは言えない出来事に反応しました。原油価格の下落は続いており、月末に反発したとはいえ、依然として極めて低い水準にとどまっ
ており、早期の回復を見込む声はほとんど聞かれません。原油価格下落による産物の1つとして消費者の懐具合に余裕が出てきたことが挙げられますが、一方で投資家の間では、エネルギー企業が債務の返済や利払いをスケジュール通りに行えなくなる可能性に対する懸念が、目下のところ強まっています。現時点での影響としては不良債権に対する引当金の大幅な積み増しが指摘できますが、この結果、銀行はツーストライクに追い込まれたという見方が広がりました(利鞘を低水準に押しとどめる金利の低下が最初のストライク)。中国は2016年の目標成長率を6.5~7%としましたが、ウォールストリートではこの数値を幾分楽観的と判断しています(しかし、ここで再度言わせてもらえば、米国の一部企業の下半期の収益予想をご覧になりましたか?)。政局も流動的でしたが、まもなく収束に向かうと期待する見方が大勢となっています。メディアでは2016年11月の米国大統領選挙が明日にでも実施されるような報道をしており、連邦最高裁判所判事の9名のポストに一人欠員が出たことも、本質的な重要性より政治問題化しています。英国ではEU離脱の賛否を問う国民投票が2016年6月23日に行われることが決定しました。イランでは強硬派の動きが抑えられ、改革派が支持を得ているようです。アイルランドでは下院選挙の結果、(5年間政権の座にあった)与党の獲得議席が過半数割れとなり、連立交渉の開始が予想されます。投資家が押さえておくべきポイントとしては、少なくとも短期的には2月に相場の流れが変わったと思われることです。投資意欲が押し上げられ、6週間に及んだ不在を経て、市場にも楽観な見方が戻ってきました(楽観論はたいてい戻ってくるもののように思われます)。長期的には、ファンダメンタルズは大方において引き続き良好ですが、経済成長、貿易、流動性に関しては予断を許さない兆候が現れています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート