今週は、大幅上昇後の一服で上値重い

<週始め、もみあうが2日(水)からは上放れとなって17000円台回復>

 先週の予測では、25日移動平均線をぬけなければ16000円水準の日柄調整が継続するが、チャートの形からは25日移動平均線(29日時点16508円)を上回ると17000円を試す可能性があるとしました。それは基本的に15800~16500円の日柄調整が続いており、このボックス圏を同時に上放れする形となるためでした。先週いっぱいは16000円水準の日柄調整のあと、週末のアメリカの雇用統計を受けて今週のメジャーSQに向けて上昇と考えていましたが、結果的には週始めの2日だけもみあい3日目からは上放れとなりました。

 週明けの29日(月)は前週末の26日(金)のアメリカ市場で10~12月期GDPが予想を上回ったことで経済の堅調さが確認され、ドル高・円安となって一時114.0円まで円安が進んだこともあり、又、G20の共同声明が相場の下支えとなり、前場は16464円まで上昇するものの、後場になると中国株式が昨年来の安値となる急落となり、つれて為替も112円台の円高へふれたことで▼161円の16026円と反落しました。翌日の3月1日(火)も中国の経済指標が予想を下回ったことで15857円まで下げましたが、円高一服と中国株式の堅調な動きで△54円の16086円と反発しました。 結局、週前半は16000円をはんさんだもみあいでした。

 2日(水)になると、前日のアメリカ市場で原油価格が1バレル=34ドル台まで上昇し、さらに経済指標の改善からNYダウは△348ドルの16865ドルとなっていたことで、大幅反発となり△661円の16746円と1ヶ月ぶりの高値となり、25日移動平均線を突破すると同時に16000~16500円のボックス圏を上放れすることになりました。そのため3日(木)は△213円の16960円、4日(金)は△54円の17014円と今年始めての3連騰、4連騰となって引けました。 出来高、売買代金が上昇幅のわりに増加していないのは先物中心の買い戻しが原動力になったといえます。

 日本市場の引け後の4日(金)のアメリカ市場は、注目の2月の雇用統計は雇用者数は予想を上回ったものの、平均時給は予想外に低下し、1月の貿易赤字は一段と拡大したことで、FRBは3月の利上げを見送るとの見方が相場を支えNYダウは△62ドルの17006ドルと17000ドル台を回復しました。為替は円売り・ドル買いは拡大しませんでした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、大幅上昇後の一服で上値重い