【今週の注目5銘柄】基本は内需系の中小型狙い!

<1896>大林道路 東1 2月26日 終値775円 単元株数100株

 大林組系の道路舗装大手。

 2月8日大引け後に発表した16年3月期第3四半期累計(4-12月)によりますと、前年同期比は売上高8.8%増、営業利益72.2%増、経常利益72.1%増、純利益69%増となり、通期計画に対する進捗率は売上高73%、営業利益77%、経常利益78%、純利益77%と好決算、好進捗でした。

 指標面はPER4.84倍、PBR0.89倍とかなり割安水準。3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした事からも来期の期待も高く、昨年の高値926円を超えて来る可能性もあるでしょう。

 チャートを見てみますと、決算発表を受けた翌日2月9日は大幅に上昇する運びとなりましたが、その後は利食い売りに押される展開に。しかし、チャートを見る限り2月24日に二番底を付け、現在は反発して来ております。一目均衡表では終値ベースで雲下限を上抜いており、業績面、指標面、二番底後の動きをみる限り、800円近辺の雲上限を上抜けるのも時間の問題かと思います。

 現在は為替、原油、海外市場など、外部環境に影響されやすい相場となっておりますが、同社は内需株という事からも外部環境に大きく左右され難く、買いどころではないかと思います。

 

<1871>PS三菱 東1 2月26日 終値412円 単元株数100株

 三菱マテリアル系企業で、土木・建築半々を志向。PC(プレストレストコンクリート)テクノロジーに関して世界最高水準の技術を持つ同社。

 2月5日に同社より発表された16年3月期第3四半期累計決算によると、前年同期比で売上高は4.9%減となっているものの、営業利益90.3%増、経常利益149.4%増、純利益209.6%増と非常に好調であり、通期計画に対する進捗率も売上高68%、営業利益172%、経常利益173%、純利益183%と、営業利益、経常利益、純利益に関してはすでに通期計画を大幅に上回っている事から、業績の上方修正が発表される可能性が高いと見られます。

 都市再開発プロジェクトや国土強靭化の政策テーマを背景とした首都圏高速道路の補修需要などを取り込む材料株として注目度が高まっています。老朽化が進むインフラの再整備は急務であり、その需要規模も膨大である事から、今後長期的に見ても期待が持てる銘柄です。

 現在は為替、原油、海外市場など、外部環境に影響されやすい相場となっておりますが、同社は内需株という事からも外部環境に大きく左右され難く、買いどころではないかと思います。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 【今週の注目5銘柄】基本は内需系の中小型狙い!