週末にG20を控え様子見から16000円水準でのもみあいか

<先週は、急反発で16000円台回復も終値では維持できず>
 先週の予測では、前週末、欧米株式の大幅反発と円安を受けて買い先行となることが考えられるが、その後の上昇がどこまで続くのかは春節明けの中国株式の動向や為替に影響されるとしました。

〔結局、週明けの15日(月)は△1069円の16022円と急騰したことで、リバウンド相場がどこまで続くかに注目としました〕

 15日(月)の日経平均は、国内GDP(10-12月期)が-0.4%(年率換算-1.4%)と予想の-0.2%を大きく下回ったものの、欧米株高、円安を受けて△1069円の16022円と3日ぶりの16000円台回復となりました。16日(火)も続伸し16341円まで上昇するものの、買いが続かず△31円の16054円でした。17日(水)は、中国が南シナ海、西沙諸島に地対空ミサイルを配備したとの報道が地政学的リスクを意識させ、為替もやや円高にふれたことで一時▼422円の15632円まで下げ終値は▼218円の15836円と3日ぶりに反落しました。しかし、18日(木)になると前日の海外市場でサウジアラビアとロシアなどが原油生産量を1月の生産量と同水準とし増産を凍結する方向となったことで、欧米株式が大幅反発し、為替も1ドル=114円台となったことで日経平均も△360円の16196円と大幅反発し、柴田罫線では短期の買転換出現となりました。週末の19日(金)はOECDが2016年の世界経済の成長見通しを昨年11月の時点より0.3%下方修正して2015年と同水準の3%としたことを嫌気し、為替が円高にふれたことで▼229円の15967円と16000円を割って引けました。結局、先週は戻りは16日の16341円(ザラ場)までで、その後は16000円をはさんだもみあいとなりました。終値ベースの高値は18日の16196円ですが、この水準は昨年末(12月30日)の終値19033円から今年の2月12日の安値14865円までの下げ幅の1/3戻しで16254円ですので一服するところではあります。

 日本市場の引け後の19日(金)のアメリカ市場では、原油安を受け軟調なスタートとなりましたが、ハイテク株が上昇したことで、ナスダックは△16Pの4504P、NYダウは▼21ドルの16391ドルとマチマチの動きでした、為替は原油価格の1バレル=30ドル割れからリスク回避の円買いが高まり112円台となり、シカゴ日経先物は▼155円の15825円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 週末にG20を控え様子見から16000円水準でのもみあいか