いま、東京市場では、なにが起きているのか?

起きているのは、 想定の範囲内の下落

 
<WTI20$ 日経225 14000円 1$=105円が底値メド>
 
 週末、テレビニュースや新聞、ウェブでは、株価暴落が大きく取り上げられた。
 
 日銀の改革的なやり方に批判的な勢力と、旧態依然とした経済原理を掲げる学者たち、そして銀行系のエコノミストたちが、議論を様々に展開し、日銀批判、政策批判を盛んにしている。
 
 しかし、こういったことに不安感を煽られることが最も避けたいことだ。本質は、もっと単純だからだ。
 
 米国の景気鈍化(金利上昇ペース鈍化)が意識され、為替市場がドル安に振れる必然性が出てきたこと、そして原油価格の底値が見えなくなったこと、中国がソロスの懸念(中国経済のハードランディング)に十分な反撃を加えず休みに入ったこと、などが下落の要因だ。
 
 さらにこれを要約すると、以下のような結論が市場を支配している。
 
 原油価格は20ドルまで下落する。
 米国は景気鈍化が明確になり、次の金利引き上げ時期は当面先になった。
 中国経済は不安定のまま、いつ崩壊するかわからない。
 
 以上のことにより、
 
 ①中東資金の換金売り(株式市場)
 ②資源系企業のデフォルト懸念(特に米国)
 ③ドルの軟化
 ④中国ショックへの警戒感
 
 これらにより、東京株式市場は下落し、円は買われている。
 
 日経225は14000円
 円は105円
 
 この二つの節目が、現在のところの防衛ラインだ。しかし、これらの定性的な要因は、あくまで年初の予想から逸脱したものではない。
 
 当社が年初にレポーティングしているように、いま、世界の潮流が大きく変わろうとしているが、今回の急落は、それを表す一面に過ぎず、特別な局面を迎えたわけではない。ただし、年初に予想していたよりも、原油の下落ペースが速く、その分、株式市場の下落も予想よりも大きくなっている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> いま、東京市場では、なにが起きているのか?