急反発だが、まだ自律反発の範囲内

<週末は、1年4ヶ月ぶりに15000円割れ>
 先週の予測では、週末にSQを控えており先物主導で荒い動きが想定されるため、その下げで悪材料を織り込むことができるかどかとしました。その場合チャートの形から1つのシナリオとして16500円を切って先月の1月21日の16017円に対するダブル底を形成するような形を想定しました。

 結果的には、原油価格の安値更新、ドイツ銀行の急落、イエレン議長の議会証言などをきっかけにリスク回避の円買いと、日米金利差縮小からのドル売り・円買いが重なり為替が一時111円を切る円高となったことで週末の日経平均は約1年4ヶ月ぶりに15000円を割って引けました。

 もう少し詳しく先週の動きをみてみると、週始めの8日(月)は為替が117円台の円安に進んだことで5日ぶりに反発し、△184円の17004円となりました。しかし引け後の欧州でドイツ銀行が自己資本を拡大するために発行した債券の利払いが滞りかねないとの懸念が浮上し10%以下の下落となり、それが金融株に波及して全面安となり、アメリカも金融株中心に全面安となりました。さらに原油価格が再び1バレル=30ドルを割り込んだことで、9日(火)の日本市場は114円台の円高も加わり▼918円の16085円の暴落となりました。さらに世界同時株安となって10日(水)も▼372円の15713円となって2014年10月31日以来の16000円台を割り込みました。11日(木)は日本市場は建国記念日で休日でしたが、アメリカでイエレン議長の議会証言があり、利上げのペースを鈍化させるとの見方から、世界的な金融情勢が景気減速につながる可能性があるとして欧米株式は全面安、原油は1バレル=26.05ドルと12年ぶりの安値、さらにリスク回避の円買いで1ドル=110.98円まで円高が進みました。シカゴの日経先物は▼495円の15195円となっていました。 休日明けの12日(金)の日本市場は追証発生による投売り、ストップロスオーダーによる処分売りなどで売り一色となり、終値は▼760円の14952円と1年4ヶ月ぶりの15000円割れで引けました。

 しかし引け後、欧州市場でドイツ銀行が54億ドル(約6100億円)相当の無担保優先株を買い戻す計画を発表したのをきっかけに金融株中心に自律反発の流れが強まり原油価格も大幅反発となったことで欧米株式は大幅反発で引けました。為替も1ドル=113円台の円安となったことでシカゴの日経先物は大証比△610円の15410円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 急反発だが、まだ自律反発の範囲内