1月の株式投信の運用損は4兆8,131億円、株式投信の動向に注目

 投資信託協会が12日、1月の株式投信は設定額が2兆9,593億円(対前月比6,386億円減少)で、これに対し解約額が1兆5,393億円(同7,094億円減少)であり、解約率は1.9%(前月2.7%)、償還額322億円で、この結果、株式投信は差引き1兆3,879億円(単位型311億円減少、追加型1兆4,189億円増加)の資金純増となった。純資産総額は前月末に比べて3兆4,252億円減少(うち、運用等減4兆8,131億円)して、月末には78兆3,130億円となったと発表しました。

 この1月は株式投信の運用損は4兆8,131億円、日経平均株価が約1650円(8%)下落した昨年8月の株式投信の運用損5兆6,717億円に迫る損失額となりました。

 昨年8月は、設定から解約・償還を引いた株式投信の資金流出入額は1兆4,778億円の資金純増で、相場の下落局面で買いを入れたことがわかっていました。

 その後、9月は1兆5,403億円の資金純増、10月は1,103億円の資金純増と相場を下支え、日経平均株価が12月1日に20012.40円まで押し上げに一役買ったといえます。

 リーマン・ショック直後の2008年10月の運用損が10兆3,181億円でしたから、この2月に運用損が10兆円規模に膨らんだ場合、底入れとなる可能性もあります。1月は1兆3,879億円の資金純増でしたが、この2月も株式投信の動向を注目する必要はありそうです。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 1月の株式投信の運用損は4兆8,131億円、株式投信の動向に注目