相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(8101)GSIクレオス

 四季報2015年冬号によると、繊維関連はインナー用加工糸の販売強化や外衣OEM採算管理徹底が奏功。工業製品関連は塗料・樹脂、ホビー関連で海外堅調。前号より営業減益幅縮小。17年3月期は円安でのコスト高が響く。
 低採算取引は見直し。アパレル向け生地や半導体用途の化学製品の取引は米国に集約。天然由来の化粧品原料の開発に注力。中国での原糸加工販売強化。
 2月2日決算発表済。1月25日に特殊形状のカーボンナノチューブで次世代製品の実用化に乗り出すと報じられ急騰。
 2012年10月10日の97円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場のスタートにサポートされ、12月19日に116円で買転換となり、上昇トレンド(A)を形成。この中で2013年1月21日に172円まで上昇後、2月15日の124円まで下落し、三角保ち合い(B)となり、煮詰まったところで上放れとなって6月12日には238円まで上昇しました。ここをピークに調整入りとなって下降トレンド(C)を形成し、2014年5月21日の118円まで下げて140円をはさんだもみあいとなり、2015年2月3日の124円を安値に反発となって上昇トレンドをいったんぬけ出すものの、すぐに下落となりました。9月7日の102円まで下げて底値圏のもみあいとなり今年の1月21日に104円をつけてダブル底に近い形となって急反発し、1月26日の177円まで上昇し、もみあって反落となり1月29日に144円で売転換となっています。
 
(8101)GSIクレオス
 

(3724)ベリサーブ

 四季報2015年冬号によると、単独決算。検証は中国など海外では足踏み。だが国内で自動車関連が想定以上。マイナンバー特需の金融向け、通信向けでも大型案件拡大。外注費増こなし前号より営業益上振れ。17年3月期は電力自由化に伴う検証が拡大、営業益高水準続く。
 15年11月、自動車関連向け専門の検証サービス部署新設。旺盛な受注に対応。開発ドキュメント検証のサービス開始。
 1月27日決算発表。2016年3月期見通しを営業利益、経常利益ともに大幅上方修正。
 2014年4月17日の775円からのゆるやかな上昇トレンド(A)の中で、2015年5月22日に1285円の高値をつけて9月29日の914円まで押し目を入れ、ここから急騰となって12月3日には2117円まで上昇しました。ここから12月22日の1611円まで押し目を入れた後1800円をはさんだボックス相場(B)となっていましたが、この中で今年の1月21日に1587円と12月22日の1611円に対する2点底となり、1月27日の大幅上方修正を受けて2月2日の2420円まで急騰となりました。日経平均の急落につれ安しています。
 
(3724)ベリサーブ
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!