今週は、週末にSQを控え荒い動きの可能性も

<週始めマイナス金利の対策で戻るものの、その後4日連続安で17000円割れ>
 先週の予測では、日銀のマイナス金利を好感しての戻りがいつまで続くか要注意とし、どこまで戻りかは原油価格や為替の動きに左右されるとしました。戻る場合のチャートのフシは17900円→18100円→18300円としましたが、結果的には1日(月)の高値17905円をピークに週末は17000円を切って引ける大幅下落となりました。

 先週は、週始めの1日こそ、日銀のマイナス金利政策を受けて、欧米株式も大幅上昇しその流れを引き継いで日経平均は一時△387円の17905円まで上昇し、終値は△346円の17865円となりました。しかし2日(火)は原油価格の反落と円高を嫌気し▼114円の17750円と反落し、さらに3日(水)は原油価格が再び1バレル=30ドル割れとなったことで欧米株式が大幅下落となり、主要企業の2015年4~12月期決算で2016年3月期見通しの下方修正が相次ぎ(予想PERも15倍台に上昇したことで割安感がなくなり)、日経平均は一時▼642円の17108円まで下落し、終値は▼559円の17191円で引けました。そして4日(木)はアメリカの3月金利引き上げが後退したことで、ドルが売られ一気に2円をこす117円台の円高進行となったことで、▼146円の17044円となり、週末の5日(金)もさらに116円台の円高進行となったことで▼225円の16819円と17000円を切って引けました。

 日本市場の引け後のアメリカ市場では、注目の雇用統計で1月の非農業部門雇用者数は予想を大きく下回るものの、失業率は4.9%と2008年以来の5%割れと改善しており、強弱入り混じる形となりました。NYダウは▼211ドルの16204ドルとなり、シカゴ日経先物は大証比16560円となりました。

<今週はSQを控え荒い動きも - その中で悪材料を織り込む下げがでるかどうか>
 今週は、まずは先週末のアメリカの雇用統計の強弱入り混じった結果を受けて、どのように反応するかが注目となります。チャートは目先の下値抵抗線(昨年の9月29日の16901円)を下回っており、シカゴ日経先物も16560円となっていますので、ここから2つのシナリオが考えられます。1つは16500~17000円の間でもみあってうえにぬける場合と、もう1つは16500円を切って先月の1月21日の16017円に対するダブル底を形成するような形となることです。

 これまでの下落要因は、中国経済の悪化、原油価格の下落、そしてリスク回避の円高でしたが今回の下落はアメリカの経済指標が相次いで予想を下回っており、利上げ観測が後退してドル売りとなっていることもありますが、基本的には中国経済の悪化により日本の輸出関連の主要企業の決算が大幅に下方修正されているということにあります。下方修正されたことで、予想PERも15倍台となって割安感が薄れているため下値に買いがはいりにくくなっています。とはいっても下げ続ける相場というものはないので、これらの多くの悪材料をどこで織り込んでしまうのかが注目となります。その場合の2つのシナリオを上で述べました。

 これだけ悪材料があっても今回の下げは、中国経済の悪化による業績の下方修正ですのでこれを織り込んでしまえば「悪材料出尽くし」から急反発が考えられます。好業績で底値圏にあるような銘柄を少しずつ買い下がっていいと思います。

 本日の8日(月)は、先週末の欧米株式の大幅下落と円高から▼198円の16620円で寄り付き、シカゴ先物の16560円を少し下回る16552円まで下げた後、円安を好感し先物主導でプラスに転じ、後場になると一段高となって△184円の17004円で引けました。今週は中国は春節のため休場ですので不安要因が1つない中、先物主導で上昇しています。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、週末にSQを控え荒い動きの可能性も