相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4631)DIC

 四季報2015年冬号によると、国内インキ低調、海外は為替で目減り。ポリマー好調と原料安で表記達成。16年12月期は液晶新製品が通期貢献。海外包装用インキ、コンパウンドなど能力増強分が加わる。吹田工場跡地売却特益ない。
 15年12月まで1900万株、50億円上限で取得、1月に消却。長計の18年度営業益800億円目標。液晶、有機顔料など伸長、国内紙用インキのリストラ必須。
 11月13日決算発表。2015年12月期決算は増収・増益予想変わらず。
 2012年11月14日の129円を安値にアベノミクス相場がスタートし、現在は中期上昇トレンド(A)の中にあります。この中で129円を安値に短期上昇トレンド(B)を形成し2013年11月16日の328円まで上昇し、ここを当面のピークとして調整入りとなり、2014年10月17日の204円まで下落しました。ここから再び短期上昇トレンド(C)を形成し今年の4月22日には382円の高値をつけました。この382円をピークに5月15日に355円で売転換となり、調整入りし7月9日の271円まで下げて8月12日の314円まで反発後、下向きの先細三角形(D)の下落となり、この中で9月29日に258円の安値をつけて反発し10月5日に290円で買転換となって上放れの形となりました。
 ここから大幅上昇となり、12月1日には377円まで上昇し4月22日の382円に対する2番天井の形となり、その後、日経平均の急落につれ安し予想以上の下げとなりました。
 
(4631)DIC
 

(7256)河西工業

 四季報2015年冬号によると、北米は日産やホンダ向け想定以上。中国も堅調。国内はトヨタの新型機種向け伸び健闘。海外拠点拡充に伴う先行負担かわし営業増益幅拡大。会社計画なお慎重。最高純益更新。増配幅拡大。17年3月期は北米で新機種投入少なく踊り場。増配か。
 富士重工から初受注。トヨタにも19年から年産40万台規模で天井など初納入。金型製造は第2工場建設で内製力強化。
 2015年11月6日発表時点。2016年3月期予想は経常利益、営業利益ともに上方修正。
 チャート上は、2012年11月12日の293円を安値にアベノミクス相場にサポートされて中長期トレンド(A)に中にあります。ここ中で2014年8月7日の707円を安値に2014年9月29日の1094円まで上昇し、下落後は1110円を高値とする下値切り上げの直角三角形の保ち合い(B)となりました。この煮詰まったところで3月9日の948円を安値に角度の大きい上昇トレンド(C)へ移行し、12月2日には1957円の上場来高値更新となりました。ここをピークに日経平均の急落につれ安し上昇トレンド(C)を下に切って今年の1月21日には1407円の安値をつけました。ここからもみあって反発となり1月29日に1551円で買転換となっています。
 
(7256)河西工業
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!