2016年2月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2016年2月1日時点での主要市場見通し

 
zu0
 

基本シナリオと見通し数値について

 1月は、世界市場が波乱に見舞われたが、悪い材料ばかりを騒いだ、株価や外貨相場(対円)の売られ過ぎであったと判断している。現在は、その売られ過ぎの水準から正常な水準への、回帰過程にあると考えている。

 一旦株価や外貨相場が適正水準を回復した後のシナリオは、1月号と全く変わりがない。世界の経済等の実績は、全般的に昨年より今年は緩やかに持ち直そうが、国ごと、産業ごと、企業ごとの格差が大きい。

 日米共通に、雇用の改善などに支えられて、緩やかな景気回復基調は損なわれていない。ただし米国は、ドル高が重石となって製造業が冴えず、それが設備投資の抑制を引き起こしている。日本は、為替面では米国と逆にかつてと比べての円安にもかかわらず、複合的な要因で、輸出数量が減退している。

 欧州は、一段と悪化するような状況にはなく、これまでの金融緩和の効果もあって、少しずつ底入れ持ち直しの動きをみせると見込まれる。新興諸国も、全般には2015年に比べ、実質経済成長率が持ち直すだろう。ただし、インドなど比較的堅調な経済成長が期待できる諸国と、ブラジル、ロシア、中国など状況が悪い諸国に分かれる。

 こうしたなか、通常であれば、株価の上昇基調が見込まれるところだ。しかし日本の株価は、7月の参議院選挙までは概ね上昇基調をたどろうが、その後は2017年の消費増税への懸念も前倒しで織り込むと想定され、株価上昇の勢いを失おう。

 米国など他主要国の株価は、年末まで持ち直し基調が持続すると想定していたが、1月に余りにも市場が悲観に振れたために、かえって年央近辺に楽観に振れ過ぎる恐れが生じているように見込まれる。特に米景気に対する楽観が強まると、米長期金利の上昇が懸念される。

 長期金利の上昇は、短期金利以上に経済や市場への影響力が大きいため、米国株価についても、年央髙・年末安シナリオを想定する。

 米ドル・円相場については、米国は米ドル高の悪影響を警戒している。一方の日本でも、中小・中堅企業中心に円安による輸入物価上昇に対して懸念が寄せられている。このため、米ドルの対円での上値余地は最大129円辺りまでに限られよう。まだ日米景気格差・金利格差が大きいため、若干の米ドル高・円安の余地があると見込むが、2016年後半は、125円を中心としたボックス圏内での推移を予想する。米ドル円相場の7~8年前後のサイクルでも、2016年央までに米ドル円相場が一旦高値をつけることがありそうだ。

 具体的な予想レンジの修正については、2016年6月までのレンジについて、足元の相場状況を踏まえ、日経平均株価について、下限だけを若干下方修正した。逆に米ドルについては、大幅な円高は一巡したと考え、下限だけを上方修正した。

 また、日銀のゼロ金利導入を受けて、国内債券市場が、景気や他国市場などの状況とは全く無関係に、日銀により強制的に金利水準を抑え込まれると考え、2016年前半・後半ともに、予想レンジを大幅に下方修正した。

 2016年6月までの予想レンジについて、下記の修正を行なった(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 18000~23000 ⇒ 17500~23000
10年国債利回り(%) 0.25~1.0 ⇒ 0.00.4
米ドル(対円) 115~130 ⇒ 117~130
ユーロ(対円) 127~145 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 85~105 ⇒ 変更なし

 2016年12月までの予想レンジについて、下記の修正を行なった(下線太字部は変更箇所)。

日経平均株価(円) 20000~23000 ⇒ 変更なし
10年国債利回り(%) 0.3~1.0 ⇒ 0.00.5
米ドル(対円) 120~130 ⇒ 変更なし
ユーロ(対円) 130~150 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 90~110 ⇒ 変更なし

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2016年2月1日時点での主要市場見通し