マイナス金利を評価しての戻りのあとは要注意

<週前半、乱高下するも週末の日銀のマイナス金利導入で大幅高>
 先週の予測では、週末の日銀金融政策決定会合までは堅調な戻りを想定し、日銀が追加の緩和策を出せばポジティブサプライズとなって自律反発から本格的な戻りを試す相場になるとしました。チャートの目先の戻りのメドは17218円をぬけると17715円水準としました。 結果的には、大きな上下動の動きとなりましたが25日(月)に17208円まで上昇後、翌日の26日(火)は16652円まで急落し、27日(水)は再上昇となって17242円まで上昇し、柴田罫線で買転換出現しました。一服したあと週末の29日(金)は日銀の追加緩和によって17638円まで上昇して△476円の17518円で引けました。

 先週の動きをもう少し細かく見てみると、25日(月)は原油価格の急騰と欧米株式が大幅高となったことで、先週末の日経平均の急騰(△941円の16958円)を引き継いで、いったん利益確定からマイナスになるものの、すぐに切り返し17208円まで上昇して△152円の17110円で引けました。しかし、引け後の海外で原油価格が大きく下落し、欧米株式も下落したことで26日(火)は上海株式の急落もあって▼402円の16708円の大幅反落となりました。 ところが、再び原油価格が反発しアメリカ市場では企業決算が好調であったことでNYダウは△282ドルの16167ドルと大幅反発となり、これを受けて27日(水)の日経平均は△455円の17163円となって柴田罫線で買転換出現となりました。 28日(木)は翌日に日銀の金融政策決定会合を控え様子見から▼122円の17041円と一服しました。

 29日(金)は注目の日銀金融政策決定会合では、午後、追加的緩和策としてマイナス金利の導入を発表、これで円が急落し一時121円台となり、日経平均は△597円の17638円まで上昇しました。しかし、すぐに急落となって▼274円の16767円まで下げ、売り一巡後は再び大幅上昇となって△476円の17518円で引けました。

 29日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場では、日銀のマイナス金利導入を好感してアジア株、ヨーロッパ株が大幅高となった流れを受けNYダウも△396ドルの16466ドルの高値引けとなりました、シカゴの日経先物は△210円の17850円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> マイナス金利を評価しての戻りのあとは要注意