「為替の追い風がなくなる日本企業の業績」

 2012年12月にアベノミクスが始動してから既に3年が経ちました。その間、日本株の投資環境も変化し、株式市場は大きく上昇しました。第2次安倍内閣が発足した2012年12月26日のTOPIX(東証株価指数)は847.7ポイントでしたが、2015年8月10日は1,691.3ポイントと、ほぼ2倍に上昇しています。株価上昇は、企業業績の改善や、改善への期待によるものであったと思いますが、業績改善の多くが円安に助けられたものであることも否定できません。為替レートは、2012年12月26日の1ドル85.7円が、2015年6月5日には125.6円となっています。そして2016年1月19日現在、1ドル117.8円となっており、このまま推移すれば、2016年度の日本企業の業績は、為替の追い風が、ほぼなくなると言えます。
 
maiko114-1
 

 スパークスは日々の企業調査の中で、多くの市場参加者の意見を見聞きします。現在の為替レートでも上場企業の2016年度業績は、なんとか増益を維持できるだろうという声が多いようです。しかし、来期は明らかに増益率が低下します。上場企業全体で増益率が低下するからと言って、全ての企業の元気がない訳ではありません。為替レートの追い風がないと言うことは、個別企業の実力が、より明確に業績動向に現れることを意味します。ボトムアップ・リサーチ(一つ一つの企業を直接訪問して、企業の業績を調査・分析する手法)の意味が増す局面であるとも言えます。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 「為替の追い風がなくなる日本企業の業績」