相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6513)オリジン電気

 四季報2015年冬号によると、精密機構部品はATMやプリンタ向け好調。だが電源機器は無線基地局用が下期伸び悩む。タッチパネル貼合装置も中国向け停滞。塗料も情報家電向けなお低迷。本社移転費かさみ営業益反落。17年3月期は拠点新設に伴う償却負担が膨らむ。
インドネシア塗料メーカー8月子会社化で供給体制を強化、海外拡販へ。小水力発電システムは国際展示会へ出展。
11月10日決算発表。2016年3月期予想は5月13日に下方修正のままだがチャート上はほとんど織り込み済み。
買材料:無線基地局用電源機器…自動運転の環境整備、小水力発電システム…電力小売自由化
2012年7月30日の233円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて12月6日の464円まで上昇。ここで業績の下方修正を受けて調整入りとなり、2014年5月7日の275円まで下落しました。ここを安値に上方修正を受けて急角度の上昇トレンド(B)となり、2015年2月25日の558円まで上昇し、ここを高値に三尊天井を形成し3月30日に496円で売転換となり再び下方修正を受けて急落となりました。2012年7月30日の233円からのゆるやかな上昇トレンド(A)にサポートされ、10月1日の301円をつけて11月26日の371円まで上昇後、反落となって2014年5月7日の275円に対する全値押し水準に近づいています。
 
(6513)オリジン電気
 

(7202)いすゞ自動車

 四季報2015年冬号によると、新興国停滞で商用車販売50・6万台(1%減)に後退。が、国内は物流向けトラック需要旺盛。北米や豪州も高単価商用車伸び、一転最高純益に。17年3月期は新型の大型商用車やピックアップ通期寄与。
タイへ新環境規制対応の新型ピックアップ投入。16年春から輸出先を欧州等100カ国に拡大。タイは新興国向け開発体制を強化。インド新工場が16年春稼働。
11月6日決算発表。2016年3月期予想で営業利益、純利益を上方修正。
2014年5月12日の1124円の安値から上昇トレンド(A)となり、2015年3月10日の1824円で当面のピークとなりました。4月1月の1560円まで下げて、末広がりの三角形(B)となり、8月6日の1752円で戻り天井をつけたあと、中国ショックから円高進行となり急落し、9月29日には1154円まで下落しました。ここから11月9日の1502円まで反発するものの、再び日経平均が急落となって円高が進行し昨日の1月12日に1155円と9月29日の1154円に対するダブル底となったところで反発に転じています。
 
(7202)いすゞ自動車
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!