今週は、底打ちとなるかどうかに注目

<先週は、大発会から5日連続安で東証始まって以来の記録>
 先週の予測では、大幅反落後下値確認とし18300円水準までの可能性があるとしました。しかし大発会では中国懸念から下げ幅を拡大し▼582円の18450円と大幅安となり柴田罫線で売転換のスタートとなりました。結果的に大発会から5日連続安となり日経平均の算出を始めた1950年9月以来の記録となり17697円で引けました。

 まず4日(月)は中国の昨年の12月製造業PMIの悪化で中国株式が急落し為替が1ドル=119円台の円高まで進み日経平均は▼582円で18450円と大幅安、5日(火)も中国株式の下落を嫌気し▼76円の18374円、6日(水)は人民元の元安方向への基準値設定で円高となったのに加え、北朝鮮の水爆実験報道で▼182円の18191円、7日(木)は欧米株安や中国株式にサーキットブレーカーが発動され取引停止となることで不安心理が拡大し▼423円の17767円、8日(金)は前場はSQ値は17420円となりその後はプラス圏へ浮上し17975円まで上昇するものの、後場になると引け後のアメリカの雇用統計を控えていることや3連休ということもあり徐々に手仕舞い売り優勢となって▼69円の17697円で引けました。

 週末のアメリカ市場では、注目の12月雇用統計は失業率は5.0%と予想と一致しましたが、非農業部門雇用者数は予想の20.0万人を大きく上回る+29.2万人となり、過去2ヶ月分も上方修正されたことでNYダウは一時△135ドルの16651ドルまで上昇しました。しかし中国の先行き不安や原油安への懸念からマイナスに転じ▼167ドルの16346ドルと続落となりました。シカゴ日経先物は▼410円の17280円の大幅安となっています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、底打ちとなるかどうかに注目