S&P 500 月例レポート

S&P 500®

2015年がそれまでの3年間の2桁台の上昇からの揺り戻しであるなら
 ―― 再び挑戦させて下さい

 
週、月、四半期、そして年を締め括る日がやってきました ―― シャンパンの栓を抜き、家族の待つ家に帰りましょう。ただ、残念なのは、週明け月曜日(1月4日)には皆、再びここに戻って来なければならないことです。けれども今は、去りゆく2015年を見送りましょう。シャンパンで喉が潤うと、(少しばかり)我に戻るようで、様々な考えが頭の中に浮かんできます。2015年、S&P500は最終日に0.94%安となり、年間では0.73%安とマイナスに転落しました(取引最終日まで待っていたのとはまるで異なります)。年間での下落は、過去3年間の2桁台の上昇、そして82カ月に及ぶ強気市場(平均は59カ月)の後であり、終値は過去最高値(2015年5月21日に記録した2,130.82)を4.08%下回る水準でした。従って、2015年の下落がそれまでの揺り戻しであるなら、よいでしょう、再び挑戦させて下さい。けれども、経済がさらに減速し、欧州か中国の景気が悪化するなら、これが後退局面の始まりの可能性もあります。年末までに原油価格は1バレル30ドル台半ばから後半が当たり前となり、調査レポートでは20ドルという予想もいくつかあります。1ドル53ドルだった2015年初め(2014年6月には105ドル)ははるか昔の話です。2015年は個別銘柄を物色する者にとっては夢(もしくは悪夢)のような1年でした。3分の2以上の銘柄が10%以上変動し、4分の1以上の銘柄が25%以上変動したからです ―― ファンドの成績を確かめるのは興味深いことでしょう(従来の宣伝方法である新聞紙上で、勝利を宣言するファンドを探してみる手はあります)。M&Aブームは続いており、2015年は既に11月の段階で過去最高を記録しました。この先減速が見込まれるものの、記録的な水準からの落ち込みであり、投資銀行マンの懐をまだ潤してくれるでしょう。2016年に関しては、注目・検討すべき銘柄は多くあるとみられます(取引については後で検討してみます)。一番の注目材料は米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げのスケジュールですが、利上げ判断は経済指標次第であるため、経済データ(そして相場動向)に注目することが重要になりそうです。金利は低水準に留まっているものの、上昇が見込まれるため、2016年以降の、将来のための新たな借入れが年央あたりから出始めるでしょう(FRBの動向を見極めてから)。M&Aは過去最高を記録した2015年からは減少するものの、高止まりするとみられます。タックス・インバージョンに対する規制は、強制力のあるものとはならず、世論が盛り上がるだけに終わる可能性があります。その他にも、国際通貨基金(IMF)による2016年10月1日からの人民元の特別引出権(SDR)への採用がどのように受け入れられるかも(そして、市場でどのようなポジションがとられるかも)、注目材料としてあります。週明け4日には休暇中の予定も薄商いも終わり、ウォール街は現実に戻ります。さらに現実に引き戻してくれる材料が雇用統計(2016年1月8日金曜日)、そして決算発表のスタートです。そう、何を言おうと、またこうして日常が始まるのです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート