年末最終週は、需給好転しゆるやかな戻りへ

<先週は、原油相場、NYダウ反発に転じるも円高で日本市場は5日連続下落>
 先週の予測では、原油相場が下値を試す動きとなっており、同時にリスク回避の円買いとなっていることで原油相場の行方をみながら戻りを試す展開を想定しました。 しかし、原油相場が週始めに一時33.98ドルと約6年10ヶ月ぶりの安値をつけて反発に転じ、NYダウも3日連続の大幅上昇となったにもかかわらず為替は1ドル=120円台寸前までの円高にふれ、日経平均は5日続落という想定しない動きとなりました。

 23日(水)が天皇誕生日で祝日、クリスマス休暇で海外投資家の市場参加は少ない中で、円高の動きとなり年末で節税対策のための損失を確定する売りが週末までということもあり、さえない動きが続きました。

 週始めは、前週末のアメリカ株式の下落を受けて前場は▼322円の18664円となりましたが、後場には急速に下げ幅を縮小し▼70円の18916円で引けました。日足では下ヒゲの長い陽線となっていたことで、戻りを試す期待もありましたが、円高基調が続いたことで日経平均の上値は重く22日(火)は▼27円の18886円、23日(水)は休日、24日(木)は▼97円の18789円、25日(金)は▼20円の18769円と前週末の18日(金)から5日続落となりました。但し下値は18700円台で底堅い動きとなっていました。

 今週は、先週末に円高基調の中で年内最終受渡日に向けて節税のいための損失確定の売り圧力もあり、5日連続安となったものの売りも一巡し需給面も改善が期待されます。残るは28日(月)29日(火)30日(水)の3日間ですが、年明けは4日に通常国会が召集され、補正予算の提出があるため政策関連を中心に実質2016年相場入りということで、新春相場を意識したテーマ株が物色される可能性があります。テーマとしては自動運転、ロボット、マイナンバー、TPP、電力小売自由化、女性活躍などがあります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 年末最終週は、需給好転しゆるやかな戻りへ