相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6632)JVCケンウッド

 四季報2015年冬号によると、買収で売上高約150億円上乗せ。主力の車載は中近東・欧州で数量減。国内はカーナビ新規受注に伴う先行開発費が想定超。前号比減額。不動産売却益。17年3月期はカーナビが今期受注分貢献で回復。
国内販売分の生産を一部国内移管し為替変動影響を抑制。ディーラー向け受注増で来期シェア4割、1位も視野。協調融資の借り換え実施、金利は低下。
10月30日決算発表。2016年3月期は営業益下方修正。同社が物色人気を集める要因は、自動運転技術の開発でコンピューターシステムで制御するという高度な技術に加え高度なカーナビ技術をもつ同社に期待が集まっています。
2011年3月10日の500円からの中長期下降トレンドの中で2013年11月11日の159円で底打ちとなり、日本ビクターとケンウッドの経営統合によってJVCケンウッドとなり、業績は着実に改善し上昇トレンド(A)を形成しています。この中で昨年の10月31日の202円を安値に大幅上昇となって今年の3月12日に419円の高値をつけ、ここをピークに調整入りとなって下降トレンド(B)となりました。この調整中に日経平均の急落が起こり8月25日の240円まで急落し、もみあっているところで3月12日の419円の信用期日の投げが出て9月4に240円とダブル底の形をつくり9月9日に266円で買転換となりました。
 しかし9月17日の295円で下降トレンド(B)にアタマを押さえられ9月29日に261円まで押し目を入れ、再上昇となって10月7日に304円で再度の買転換となり、10月26日の352円まで上昇、ここから11月5日の284円まで押し目を入れ、再上昇となって11月30日に361円の戻り高値更新となりました。ここで日経平均の急落につれ安し、再び大きな押し目を形成してきています。

(6632)JVCケンウッド

(8005)スクロール

 四季報2015年冬号によると、雑貨事業は効率性重視し夏のカタログ刊行を取りやめ大幅縮小。ただ採算むしろ好転。健粧事業もPB化粧品が人気化し収益を押し上げ。会社計画は下期に広告宣伝費の再拡大が前提で保守的。17年3月期は広告宣伝含め先行投資一巡。増益。
豆腐由来のPB化粧品は全販路を活用し一段拡販を図る。個人向け通販は需要増勢中の50歳超の女性に焦点を絞る。
10月27日決算発表。2016年3月期は、黒字転換予想変わらず。
2011年1月28日の380円を高値とし、6月13日の238円を安値とする上値を切り下げる直角三角形(A)の保ち合いの中で、2012年11月14日の232円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、いったん三角保ち合い(A)を上放れして、2014年1月6日の349円まで上昇するものの、調整不足となって再下落となり三角保ち合い(A)の中に再び戻りました。しかし三角保ち合い(A)の煮詰まった位置で下落が止まり、2014年5月13日の243円、10月29日の244円とダブル底をつけ、上放れとなって大きく上昇し今年の8月17日には549円の高値をつけました。ここで日経平均の急落につれ安し、9月8日の379円まで下げて、もみあい9月29日に378円のダブル底の形となって再上昇となり、10月20日には589円の年初来高値をつけました。
ここから買われ過ぎと日経平均の急落につれ安し11月5日には410円まで下落、いったん反発となって12月1日に472円まで上昇し買転換となるものの再下落となって12月15日には418円で売転換となりました。

(8005)スクロール

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!