ウェルネット[東1](2428)、みずほ銀が取得するフィンテック関連

 前週18日、ウェルネット[東1](2428)は、83円高の2874円と続伸、171円高の2962円と買われ騰勢を強めています。

 13日に金融と最新のIT技術を融合した「フィンテック」と呼ばれる新しい金融サービスが世界的に広がりをみせるなか、金融庁は、日本の銀行がフィンテックを手がけるIT企業などを買収できるよう規制を緩和すると報じられたことから、フィンテック関連銘柄として物色の矛先が向かっています。

 財務省12月7日受付の大量保有報告書で、みずほ銀行が668,050株(6.89%)取得したこともわかっています。同報告書において保有目的は、「発行会社の要請に応え、かつ発行会社との取引関係の強化を図るもの」と記されていますが、持ち合い解消売りを進める一方で、フィンテック関連として同社に高い関心を寄せたものと解されます。

 同社が、リアルタイムの電子請求・電子決済が出来るマルチペイメントサービスを手掛けていることが注目点といえるでしょう。最近、テレビでAmazonのコマーシャルが放送されていますが、Amazonは土日祭日関係なくリアルタイムで購入代金を手数料なしで決済できるウェルネットのマルチペイメントサービスを導入していますから、同社は大きく見直される可能性が高まっています。

 現在、全日本空輸、日本航空、AIRDO、スターフライヤーなどの航空会社、バス会社、Amazonのほか、Yahoo!JAPAN、楽天オークション、Google、Eストアー等の通販会社への導入実績があります。今後もコンビニ決済・ペイジー・ネットバンキング決済・電子マネー決済が様々な分野において導入が進むと期待されています。

 足元の業績は、今6月期営業利益は20億円(前期比22.11%増)と連続最高益更新見通しで、年間配当66円(同16円増)と連続増配を予定しています。

 チャート的には、月足では二段上げ終了。下値を固め切り返す動きで、三段上げも視野に入ります。7月24日につけた年初来高値3270円を突破出来れば、2006年1月高値4035円あたりを目指す可能性も出てきそうです。
 
ji_151221_2428
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 

フィンテック関連銘柄の考察

【著者】  株王 獅子丸
ごきげんよう。株王獅子丸だ。 2016年の株式投資市場は早くも大波乱の動向を見せている。 原油安問題、中国経済の崩壊懸念、中東戦争、テロ問題、北朝鮮の核実験など、世界経済を揺るがす大きな問題が山積みとなり、一部からは「第三次世界大戦が…!?」などといった不安を煽る声も聞こえてくる。 当然、これらの影響により、日本株式投資市場も冷え込みを見せ、日経平均株価の下落ばかりが報じられるといった一面も。 このようなニュースを全て鵜呑みにただ真正面から受け止めると、「異常事態とも言える不安な相場」ということだけに意識を囚われてしまいがちだが、視点を切り替えて前向きに考えていきたい。 実際に現状のこの相場でも株価を上昇させ、力強く買われている銘柄は存在しており、その中でも代表格と言えるのがフィンテック関連銘柄だろう。 そこで今回、読者の皆様に対してフィンテック関連銘柄を取り上げていくので、フィンテックに関する知識を深め、今後のフィンテック関連銘柄の株価動向を探る手助けができれば幸いだ。 大暴騰したフィンテック関連銘柄 ご存知かと思うが、昨年末から年明けにかけて大暴騰を続けた【3778】さくらインターネットもフィンテック関連銘柄のど真ん中に位置する銘柄だ。日経平均株価が下落している最中にも、【3853】インフォテリアや【3690】ロックオンなど、フィンテック関連銘柄というテーマ株が強力に買われてきた経緯が伺える。 ■さくらインターネット(3778) そして年明けから一時的にフィンテック関連銘柄の暴騰祭りもいったん落ち着きを見せたの様子だが、「フィンテックは革新的な金融IT革命を巻き起こす」と言われているだけあり、今後も中長期投資という捉え方をすることができ、フィンテック関連銘柄は注目が再燃する魅力とパワーを秘めているのではないだろうか。 フィンテックというテーマを細分化 フィンテックというテーマは多岐に渡り、その関連銘柄の数も膨大だ。 そのため、どこからどこまでがフィンテック関連銘柄に該当し、どのフィンテック関連銘柄が上がっているのか、漠然と考えただけではわかり辛いと思う。 もう少し具体的に見てみると、年明けから盛り上がりを見せているフィンテック関連銘柄の中でも、特に大きな注目を浴びているのが「ブロックチェーン関連銘柄」であり、それをさらに細分化して整理すると、「テックビューロ関連銘柄」「Orb関連銘柄」に分類することができる。 フィンテックというテーマ株をより深く理解するために、このように整理して考えてみるとわかりやすいのではないだろうか。 簡単にまとめると、フィンテック関連銘柄の中でもブロックチェーンと呼ばれるテクノロジーに関わるブロックチェーン関連銘柄が軒並み上昇しており、そのブロックチェーン関連銘柄の中にも、テックビューロ関連銘柄とOrb関連銘柄があるということだ。 テックビューロ関連銘柄 テックビューロ関連銘柄とは、ブロックチェーン基盤プラットフォーム「Mijin」を提供するテックビューロ社との業務提携、資本提携などの関連を持つ銘柄だ。 年明けからの日々の値上がり上位ランキングでもよく目にした【3778】さくらインターネットや【3853】インフォテリアなども、まさにテックビューロ関連銘柄に該当している。 ■インフォテリア(3853) その他にも【3690】ロックオン、【3917】アイリッジも同じくテックビューロ関連銘柄だ。 ■ロックオン(3917) また、親子会社の関係性や提携関係により【2315】SJI、【6634】ネクスグループ、【3807】フィスコの3社も物色されていることが伺える。 これらの銘柄の株価上昇の鍵となっているテックビューロ社自体は現在まだ未上場だが、もしもテックビューロ社自体の上場が今後あり得るとしたら、フィンテック関連銘柄の盛り上がりにさらに拍車がかかることも期待できそうな予感がしている。 Orb関連銘柄 テックビューロ社とは別で、Orb社という企業もブロックチェーン基盤プラットフォームを提供しており、そのOrb社との関連性が強い銘柄をOrb関連銘柄として分類することができる。 【36963696】セレス、【3691】リアルワールド、【2489】アドウェイズなどがOrb関連銘柄として挙げられ、テックビューロ関連銘柄と同じく、ブロックチェーン祭り、フィンテック祭りの波に乗って注目が高まっているようだ。 Orb社も現在はまだ未上場であり、今後上場することがあれば株式投資市場に大きなインパクトを与えることになるのではないだろうか。 フィンテックを学んでおこう 2016年1月現在、株式投資市場で大きく盛り上がっているフィンテック、ブロックチェーンは、革新的な技術と大きな創造性を秘めたテクノロジーであることからも、今後も大きな材料性の期待がもてるのではないかと思う。 今はかなりの値上がりをしてしまった銘柄が多いが、中長期で成長が望める企業も数多くあると思われるので、今後もフィンテックというテーマにスポットがあたることは充分に考えられるだろう。 そのためにも、「フィンテック」「ブロックチェーン」「テックビューロ」「Orb」「仮想通貨」などといったキーワードについて、ネット検索を駆使するなどして理解を深めておくとよいのではないだろうか。 公式サイトはコチラ↓↓
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> ウェルネット[東1](2428)、みずほ銀が取得するフィンテック関連