日本の対中国ビジネスモデルの問題点 ―ペティ法則的日中貿易―

 日本は中国の経済発展に適応できないビジネスモデルになっている。欧米各国は中国向け輸出が伸びているのに、独り日本だけ落ちている。何故であろうか。
 

1、日本は独り沈む

◇減速ながら、輸入の拡大続く

 中国経済は減速しているが、市場規模は依然、巨大である。各国が中国との相互依存関係を発展させながら経済成長を図っている状況に変わりはない。

 表1は、中国のGDP、輸入規模の推移である。中国経済は2012年から7%台に減速しているが、輸入は2014年まで増加基調にある。2015年は素材産業の減産に加え、石油や鉄鉱石など資源価格の下落で輸入総額は減少している。(注、原油の国際価格〈ドバイ原油〉は2014年1月104㌦/バレルから2015年11月42㌦へ、鉄鉱石価格は同期間128㌦/㌧から46㌦へ)。

表1 中国経済の推移

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 日本の対中国ビジネスモデルの問題点 ―ペティ法則的日中貿易―