「日本企業の収益力向上を見抜く~シスメックス、大東建託、日東電工」

・10月の日本証券アナリスト大会で、シスメックスの家次恒社長、大東建託の熊切直美社長、日東電工の高﨑秀雄社長のパネルディスカッションを聴いた。企業の収益力向上を見抜く上で、注目すべき視点が議論された。いくつかを取り上げてみる。

・企業のよしあしを評価する軸は四つあるというのが持論である。①マネジメント(経営力)、②イノベーション(成長力)、③ソーシャル(ESG)、④リスクマネジメント(業績変動)という4点に照らして、今回のパネルでは、経営者が技術革新、ダイバーシティ・ガバナンス(社外取締役)、グローバルリスク(日本、米国、中国、新興国)について語り合った。論点の立て方は、企業を評価する軸にピッタリであった。

・シスメックスの家次社長は、経営におけるクールジャパンを追求する。つまり、日本発のマネジメントで、グローバルメジャーを目指すと強調する。血液分析を主力とする検査機器とその試薬で、成熟した日本から世界190カ国へ展開している。新興国が伸びる。中国も漢方から西洋医学に進むと検査は必要になる。今後とも二桁成長は見込めそうである。

・万人に効く薬というのはなかなかない。個人差があり、効くか効かないかを個人ごとに見出していく必要がある。ゲノムベースのパーソナル医療に向けて、新しい検査の仕組みを作っていく。このイノベーションに向けてR&Dを強化している。

・R&Dは日本中心ながら、米、欧、中にも拠点が置いてある。個別化医療のへの対応である。海外売上比率は82%、従業員7000人の半分は外国人である。検査機械は、メイドインジャパンで差別化しているが、試薬は現地でも生産している。グローバル展開に当っては、英国でのM&Aがコアになって、人材のロイヤリティも高く活躍しているという。

・大東建託の熊切社長は、人口減少社会における2040年問題を念頭において、日本を基盤に介護やエネルギーサービスなどインフラ事業の広がりを視野に置く。当面は2015年1月の相続税改正で、都市近郊の資産家の土地活用が活発化しているので、それに向けたトータルサービスに力を入れる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 「日本企業の収益力向上を見抜く~シスメックス、大東建託、日東電工」