村上ファンド関連銘柄はどうなるのか?

再び潮目が変わる市場

 株式市場では、欧州の金融緩和が期待外れに終わり、一方で、米国の金利引き上げが、ほぼ確実な情勢となってきた。

 中国では中断していたIPOが、再開され、元が主要通貨の仲間入りをする。

 このパズルのあとに来ることを想像するのは難しい。しかし、言えることは、米国の利上げありき、という情勢の中で、他の参加者がそれに合わせた戦略をとった結果が、これだ、ということだ。

 米国利上げのあとに、ECBの追加緩和があるのか、中国の緩和政策と元切り下げを思わせる行動があるのか。これらの答えが見つかった時に、市場は次の動きに出るだろう。来年、2016年の年初は、そこに大きな影響を受ける。

 東京市場では、今週は、短期金融相場に変化が起きるのかどうかが、占われる場面だ。

 欧州の期待外れ緩和で株価が下落した、というのは間違いなく、いまが金融相場である証だが、米国のニュースへの反応(金利引き上げのニュースで株価が上がった)は、とらえ方が複雑だ。この上昇が、単純に、米国発の景気回復が始まる、という期待感の表れであれば、金融相場は終焉が近い。しかし逆に、金利上昇という、金融相場にとっての悪材料出尽くし、という意味での上昇であったのなら、やはりまだ、我々は金融相場のさなかにいることになる。

中小型株への流れは来るか

 金融相場かそうでないのか、が、なぜ重要かというと、それによって、買われる銘柄が大きく違うからだ。金融相場なら大型株一辺倒が続くが、いわゆる業績相場なら、中小型株の出遅れに相場が来る。

 日経新聞にも紹介されたが、実は海外機関投資家が、中小型株の大量保有報告書をいくつか提出している。フェイス、昭文社、オプト、エムスリー、MORESCO、シンニッタン・・といった銘柄の名前が大量保有報告書から見られる。

 日本の好業績中小型銘柄のバリュエーションが低い、ということに気が付けば、海外から有望な中小型株へ、資金がまだまだ流入する可能性はある。

① 時価総額が200億円程度
② ROE 20%以上

上記の条件を満たした、流動性がある銘柄が狙われる可能性が高い。

コムチュア(3844)
IBJ(6071)
CTS(4345)

 これらの銘柄のタイミングを狙ってみるのは、年末から来年にかけて、楽しみを作るのではないか。

各メディアで活躍中! 株式アドバイザー堀篤が綴る『兜町発信! 情報通の早耳コラム』はこちらから↓
http://jst-trade.jp/show_page.html/view/lp02/mediaCode/min2
ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 村上ファンド関連銘柄はどうなるのか?