相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6768)タムラ製作所

 四季報2015年秋号によると、柱の電子化学実装が車載関連好調に加え、スマホ向けが量産始動。放送機材も上々の滑り出し。ただ電子部品がエアコン・産機等客先の生産計画変更で出足不調。下期にエコカー関連部品量産化や円安対応価格浸透でも増益幅は大幅縮小へ。
NIMSと共同開発したYAG単結晶蛍光体の超高輝度光源応用進める。自動車ヘッドライト等へサンプル供給中。
16年3月期は当初見通しを若干減額したものの連続で最高益更新見通し。
現在も2012年11月13日の164円からの上昇トレンド(A)の中にあります。2012年11月13日の164円を安値にアベノミクス相場にサポートされ2014年1月21日の348円まで上昇後、4月11日の235円まで押し目を入れ、ここから急騰となって9月16日の479円の高値をつけました。ここでいったん10月14日の367円まで下落後、三角保ち合い(B)となり、煮詰まったあと上放れとなって今年の5月20日には565円の高値をつけました。ここをピークに買われ過ぎと8月の日経平均の急落も重なって8月25日には307円まで下落しましたが、上昇トレンド(A)に下値をサポートされ、9月29日の321円で2番底の形となって10月21日に381円で買転換となっています。

(6768)タムラ製作所

(4187)大阪有機化学工業

 四季報2015年秋号によると、化成品は大阪工場生産停止品が目減り。ただ得意の自動車塗料添加剤など増え採算むしろ上昇。電子材料も事業譲受分が通期寄与。前号より営業増益幅拡大。16年11月期は生産停止の目減りも一巡。営業益着実。配当性向30%目安で増配も。
ディスプレー用の新規表示材料が本格化。新たな電子材料プラント来春竣工へ。製品の品質安定へ低温倉庫も建設。
10月2日決算発表。前回と変わらず通期予想は増収・増益を維持。
チャートはアベノミクス相場にサポートされて2012年10月12日の327円を安値とする上昇トレンド(A)の中にあります。この中で11月19日の350円で買転換となり、2013年5月21日の495円まで上昇し、6月7日の381円まで押し目を入れた後、下値を切り上げる直角三角形の保ち合い(B)となりました。この中で2014年8月8日の425円を安値に反発となって上放れし、角度の大きい上昇トレンド(C)へ移行して今年の7月16日に775円の年初来高値をつけました。ここをピークに8月12日に702円で売転換となり、調整中に中国ショックからの日経平均の急落に下げ幅を拡大し8月25日に552円の安値をつけました。その後9月8日の508円、9月24日の594円と下値を切り上げる3点底の形となって10月1日に631円で買転換となりました。

(4187)大阪有機化学工業

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!