リンナイ 小杉 將夫常務インタビュー

売り上げ、利益ともに過去最高
海外の好調持続と国内需要の回復

――海外については

photo3 「4~9月の第2四半期ベースだが海外売上高は2005年の同時期の299億円から10年で727億円に成長している。中国ではガス瞬間式給湯器とボイラーが好調に推移するなど、前年同月比で2ケタ成長を続ける。都市部においては生活水準の向上によって、より高機能・大容量タイプへシフトし、内陸部には天然ガスの普及とともに、これから、ガス器具の需要はますます拡大していくだろう。上海における当社シェアはおよそ37%だが、中国全土ではまだ4%程度。拡大余地は十二分ある。ブランド強化を狙ったテレビ広告を積極的に行い、製造設備の増強については、2つ目の大型拠点の上海新工場が12月から段階的稼働する」
 「また、移民を含めて人口が増加する豪州でも、住宅需要に支えられ、タンクレス・貯湯式給湯器が好調であり、買収したBrivis社による業容拡大も寄与。米国においても住宅着工件数、中古住宅市場の拡大で高効率タイプのガスタンクレス給湯器が伸びている。韓国、インドネシア、ミャンマー、カンボジア、ラオス、中東、アフリカ、欧州などにも給湯商品を投入し市場拡大を図っていく」

――中期計画について

 「今期は、2017年を最終年度とする中期経営計画『進化と継承 2017』に向けて最高のスタートが切れた。今3月期は、売上高3180億円(前期比7.8%増)、営業利益340億円(同10.4%増)となる見込みだが、これを2017年には、それぞれ3500億円、390億円に高めたいと考えている。国内は安定的な成長、拡大のけん引役は中国を中心とする海外が担い、売上高海外比率は現状の4割強から5割近くまで拡大するだろう」
 「当社は2020年に創業100年を迎える。次の100年を目指し、今後も成長を続けていきたい。また、当社の成長はもちろんのこと、株主還元についても、毎期増配(今期は6円増配の年82円配当の予定)を続けるなど、積極的に行っていきたい」

●記者の目

株主への還元も積極的で、業績の拡大とともに毎期増配を続けるリンナイ。業績は好調であり、堅調な国内需要と海外での伸長の両方が期待できる。
 今期見込みの業績も上振れ余地が十分であり、第3四半期が発表となる2月ごろには、上方修正も期待できそう。引き続き、注目していきたい企業の1つだ。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> リンナイ 小杉 將夫常務インタビュー